JCB CARD Biz


JCB CARD Bizは、株式会社ジェーシービーによって発行されている法人カードです。2020年2月17日に新しく募集を開始したクレジットカードです。「JCB一般法人カード」よりも個人寄りのカードで申込みのハードルが下げられています。

最短1週間での発行に対応しています。オンラインで支払口座の設定を行えばスピーディーな発行ができます。法人カード全体で見ても発行スピードが早く急ぎで欲しい方におすすめです。審査難易度は10段階で2です。法人カードとしては比較的作成しやすく、中小企業経営者の方や個人事業主の方向けのカードだと言えます。

当記事のコンテンツ内容

最短1週間発行-JCB CARD Biz申し込みから発行の流れ

  1. ジェイシービーの公式サイトからJCB CARD Bizの申込みを行う

    会員規約に同意の上で審査に必要な個人情報の入力を行いましょう。記入漏れやミスがないように慎重に行うことが大切です。

  2. オンラインでお支払い口座の設定を行う

    手元にキャッシュカードなど口座番号がわかるものを手元に置いておくとスムーズに手続きを行えます。国内の主要金融機関であれば問題なく設定可能です。

  3. 審査に通過したらクレジットカードが発行される

    申し込みから発行まで1週間程度掛かります。急いでいる方は早めに申し込むと良いですね。

必要書類

documents

  • 代表者または個人事業主の本人確認書類
  • 運転免許証、パスポート、在留カード、マイナンバーカードなど

JCB CARD Bizの審査まとめ

審査対象

  • 個人事業主/フリーランス ☆
  • 法人設立初年度 ☆
  • 法人設立3年以上 ○

申込資格は法人代表者または個人事業主の方です。法人カードというよりは個人カードの側面が強くなっています。設立間もない企業経営者の方やフリーランスの方でも申込みができます。法人設立後3年以上期間が経過している方であれば法人カードの選択肢が多くおすすめ度は下がります。それでも年会費を抑えたいなどの理由があれば十分選択肢に入ります。

審査難易度

当該カードの審査難易度は10段階で2です。法人カード全体で見ると作りやすいカードだと言えます。それは法人設立直後の企業経営者の方でも申込みができることから判断できます。また、履歴事項全部証明書や決算書が不要ということで経営者個人の審査という側面が強く審査難易度は甘くなります。

同じクラスの法人カードとしては、「アメリカンエキスプレスビジネス」、「セゾンコバルトアメリカンエキスプレス」、「三井住友ビジネスクラシック for Owners」などが挙げられます。同じように法人経営者をターゲットにしたクレジットカードが揃っています。三井住友ビジネスクラシック for OwnersはJCB CARD Bizと同じコンセプトの法人カードです。

JCB CARD Bizの基本スペック

年会費

年会費は1,250円+税です。一般クラスの法人カードとしては標準的です。初年度は年会費無料で持つことができますので、1年間だけ使ってみるというのも一つの方法です。ETCカードも無料で作成することができます。クレジットカードに掛けるコストを抑えたい経営者の方におすすめです。

ポイント還元率

基本ポイント還元率は0.5%です。カード利用1,000円につき1PのOkiDokiポイントが貯まります。貯めたポイントは、各種グッズ(東京ディズニーリゾートパークチケットなど)、ポイント移行(nanacoポイント、楽天スーパーポイントなど)、マイル交換などに使用できます。

その他Amazonパートナーポイントやキャッシュバックとしても使用可能です。ポイントの有効期限はポイント獲得月の2年後です。使い道が豊富でかつ有効期限が長めに設定されているポイントのため利便性が高いと言えます。

ショッピング限度額

ショッピング限度額は10万円~100万円となっています。審査によってショッピング枠が決定されます。ショッピング枠を増やすにはとにかく実績を増やすことが大切です。100万円以上の決済が欲しいならJCB CARD Biz ゴールドへの切り替えを検討しましょう。実績を作っておけば切り替えもスムーズに行えます。

国際ブランド

選べる国際ブランドはJCBのみとなっています。国内発祥の国際ブランドということでステータス性が高いです。世界的にも見ても自国で独自の国際ブランドを持っているのは貴重です。

ただし、海外では加盟店が少なく使えないこともありますので、海外出張が多い企業経営者の場合はVISAやMasterCardブランドと併用して持つのがおすすめです。日本だけでしか使わないというのであれば大きなデメリットにはなりません。

ショッピング保険

海外ショッピングのみショッピング保険が付帯されています。海外でのショッピングでJCB CARD Bizを使って、商品の破損や盗難によって損害を被った場合に保険金を受け取ることができます。年間最大100万円が限度です。国際ブランドのところに書いたとおり海外では利用できないお店が多く実質それほど使う機会がないと考えて良いですね。

現在実施中のキャンペーン

jcbcardbiz_campaign
2020年2月17日(月)~2020年3月31日(火)までの期間限定のキャンペーン実施中です。募集を開始したばかりのクレジットカードということもあってお得なキャンペーンとなっています。

ポイント満額獲得のハードルも高くなく十分満額狙えると思います。一般クラスのJCB CARD Bizの場合は最大7,000円分のJCBギフトカードをもらえます。積極的に狙ってみましょう。

キャンペーン詳細

  • 新規入会でもれなくJCBギフトカード5,000円分プレゼント
  • 2万円以上の利用でJCBギフトカード2,000円分プレゼント

JCB CARD Bizの特徴

個人事業主の方やフリーランスの方でも作成しやすい

JCB CARD Bizは、個人事業主の方やフリーランスの方をターゲットにしたクレジットカードと言っても過言ではありません。競合からも同様のクレジットカードが発行されていてJCBも追随した形だと言えます。

屋号付き口座を引き落とし口座に設定することも可能です。法人なら法人口座でも可です。また、いずれにしても個人名義の口座でも設定でき設立直後でも安心ですね。初めての法人カードにぴったりだと思います。

キャッシング枠の設定ができる

キャッシング枠の設定ができるのが特徴の一つです。通常法人カードの場合、審査対象が個人ではなく法人となりますので、キャッシング枠が付くことはありません。しかし、JCB CARD Bizは個人寄りのクレジットカードということもあって法人カードでもキャッシング枠がつけられます。つまり、審査は企業経営者個人あるいは個人事業主の方となります。

さらに、同様の理由でボーナス一回払い・ショッピングリボ払い・分割払い、ショッピングスキップ払いにも対応しています。個人向けカードと変わらない形で使い続けることができます。キャッシュフローが安定するまでの間うまくクレジットカードを活用すると良いですね。

ポイントの優遇制度

利用額に応じてポイントアップ

年間のカード利用額に応じてポイントのボーナスアップが得られます。カード利用30万円以上で10%アップ(0.55%)、50万円以上で20%アップ(0.60%)、100万円以上で50%アップ(0.75%)となります。毎年の決済額が多い方には魅力的な優遇制度だと言えます。

海外での利用でポイント2倍

海外ショッピングではポイント2倍、ポイント還元率1.0%と優遇されます。ただし、海外ではJCBに対応しているお店が少なくほとんど利用できないと考えておきましょう。ハワイ、韓国など一部日本人観光客が多い国ならジェイシービー加盟店舗は増えてきています。それでもVISAやMasterCardブランドに比べると少ないです。

JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍

キャンペーン参加登録及び利用でOkiDokiポイントが10倍獲得できます。ポイント還元率5.0%と高還元です。意外と対象店舗が多く買い物をする前に必ずチェックしておきましょう。

対象店舗例

  • セブンイレブン
  • ウエルシア
  • 成城石井
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • 小田急百貨店
  • 高島屋
  • 京王百貨店
  • 出光昭和シェル石油
  • タイムズパーキング
  • 三井のリパーク
  • モスバーガー
  • ワタミグループ
  • キッザニア東京・キッザニア甲子園

会計ソフトの割引優待

個人事業主の方やフリーランスの方に嬉しい会計ソフトの割引優待を受けられます。最近はクラウドで会計処理を行うことが一般的になってきました。会計処理の効率化で業務に集中しやすくなるというメリットがあります。期間限定のキャンペーンとなっていますので、チェックしておいてくださいね。

弥生会計 オンライン

ベーシックプランまたはセルフプランについて初年度0円で利用することができます。電話、メール、チャットなどでサポートを受けられますので初めての会計処理も安心です。仕分け相談なども行えます。

クラウド会計ソフトfreee

「法人ベーシックプラン」あるいは「個人スタンダードプラン」の初年度年会費が15%OFFと優遇されます。仕訳帳作成から決算書作成まで一貫して行えます。個人プランなら格安価格で確定申告まで行うことができます。もちろん電話やチャットでのサポートも受けられます。

各種旅行保険

海外旅行傷害保険

利用付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。公共交通乗用具の支払いなど旅行代金の全額あるいは一部の決済が保険適用の条件です。補償内訳は死亡後遺障害最高3,000万円、傷害疾病治療費用最高100万円、救援者費用最高100万円、賠償責任保険最高2,000万円、携行品損害最高20万円(年間最大100万円)となっています。一般クラスのクレジットカードとしては十分な保険だと言えます。

国内旅行傷害保険

利用付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。補償は死亡後遺障害3,000万円のみと必要最低限です。公共交通乗用具搭乗中の事故、ホテル滞在中の火災・爆発、参加する募集型企画旅行中の事故などが対象です。

海外旅行保険に比べると利用できる範囲は狭くそれほど使う機会はないと考えて良いですね。なお、公共交通乗用具などの全部あるいは一部の決済を行わないと保険が適用とならないため注意してください。

電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ不可
JCB CARD Bizは、電子マネーとの相性が良いクレジットカードではありません。モバイルSuica、SMART ICOCA、nanacoにチャージを行えますが、ポイントは付与されません。積極的に電子マネーを使う理由はないですね。

スマホ決済サービスであるApple Pay及びGoogle Payを利用することができます。スマホ決済ではQUICPayが紐付けされ満額のポイントが付与されます。Suicaを紐付けることもできますが、ポイントは付与されませんのでQUICPayを使う方が良いでしょう。

JCB CARD Bizのマイナス&注意点

追加カードの発行ができない

JCB CARD Bizは追加カードの発行に対応していません。従業員の方用のクレジットカードを作りたいと考えている方は注意が必要です。JCB CARD Bizの位置付けは法人カードの中の個人向けのカードです。

通常の法人カードのようにはいかないことは理解しておきましょう。なお、個人寄りのカードだからこそのメリット(キャッシング利用や分割払いなど)もありますのでうまくバランスを考えると良いですね。

基本ポイント還元率が高くない

基本ポイント還元率は0.5%と平凡です。決済額が多い方であればポイント優遇制度を引き上げられますが、それでも最大0.75%に留まります。また、マイル交換を考えている方は還元率が下がってしまうので、他のカードの作成を検討した方が良いと思います。

目新しさがあるカードではない

JCB CARD Bizは、2020年2月に新しく募集を開始した法人カードです。しかし、中身を見ると他のカード会社がすでに発行しているカードの焼き直しです。ポイントシステムにしても付帯サービスにしても新しいことはなにもなくあえてJCB CARD Bizを選択する理由は薄いかもしれません。

JCB CARD Bizゴールドとの比較

 一般ゴールド
券面JCB CARD Bizjcbcardbizgold
申込資格法人代表者または個人事業主
使用者は20歳以上
法人代表者または個人事業主
使用者は20歳以上
国際ブランドJCBJCB
ショッピング枠10万〜100万円50万〜300万円
審査難易度2857
ステータスCB
発行期間1週間1週間
年会費1,250円+税10,000円+税
ポイント還元率
0.5%0.5%
空港ラウンジサービス×
グルメ優待サービス×
海外旅行保険最高3,000万円最高1億円
国内旅行保険最高3,000万円最高5,000万円
ショッピング保険最高100万円最高500万円
公式公式公式
上位のJCB CARD Bizゴールドとスペックの比較を行っています。申込資格については同じですので、初めからゴールドカードの申込みを行うことが可能です。ゴールドカードになるとショッピング枠が最大300万円と大きくなります。審査難易度及びステータスも当然高くなっていますね。

年会費は10,000円+税と8倍と高額です。年会費を支払う余裕がある方であれば付帯サービスなどで十分ペイできると思います。空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなどが充実しています。ポイント還元率及び優遇制度については違いはありません。コスパが高いのは一般カードですので、年会費を払ってでも持ちたいかどうかが基準です。

比較対象のクレジットカード

オリコ EX Gold for Biz M

オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay

最短2週間での発行に対応しています。年会費2,000円とリーズナブルなのが嬉しいですね。ゴールドカードに匹敵する付帯サービスを利用できるコスパが高いです。基本ポイント還元率は0.6%となっていますが、年間200万円以上利用で還元率は1.1%と高還元です。海外・国内旅行傷害保険、空港ラウンジサービスなどメインカードとしてもおすすめです。

三井住友ビジネスクラシック for Owners

mitsuiforowners

三井住友カードが発行する中小企業経営者向けの法人カードです。設立直後の法人経営者の方でも申込み可能です。海外旅行保険付帯やVJデスクなど付帯サービスが充実しています。出張が多い方にとって魅力的なクレジットカードです。ゴールドカードやプラチナカードにステップアップできるのも特徴の一つだと言えます。

セゾンコバルトアメリカンエキスプレス

saisoncobaltamex

最短2週間での発行に対応しています。2019年12月に発行を開始した比較的新しい法人カードです。格安でアメックスブランドを持てるのが魅力です。AWS、XSERVER、SAKURA internet、Crowd Worksなどのビジネス系サービス利用でポイント4倍、海外利用でポイント2倍などポイントの優遇制度が充実しています。海外アシスタンスデスクやトラベルデスクなど海外出張で活躍すること間違いなしです。

スペック情報

カード名JCB CARD Biz
カード発行会社株式会社ジェイシービー
発行期間1週間
国際ブランドJCB
ポイント還元率0.5%
年会費1,250円+税
ETCカード永年無料
追加カード発行負荷
海外旅行保険最高3,000万円
国内旅行保険最高3,000万円
締め日/支払日公式サイトを参照
ショッピング保険年間100万円

合わせて読みたい記事一覧

管理人厳選おすすめ法人クレジットカード紹介【2020年】

個人事業主の方や法人代表者の方におすすめの法人クレジットカードランキングを紹介。ステータスカード、マイルカード、ガソリンカードをピックアップ。人気の法人カードを知りたい方はぜひチェックしてくださいね。

法人クレジットカード審査難易度ランキング【2020年】

法人クレジットカードの審査難易度ランキングを掲載しています。設立直後の企業代表者の方でも申込みができるクレジットカードがわかります。もちろんステータス性の高いカードも紹介しています。

法人クレジットカードの審査まとめ

法人カードの審査について解説しています。法人カードの審査はあらゆる面で個人向けカードとは異なっています。法人カードの作成検討中の中小企業代表者向けのコンテンツです。

サイトのTOPページに戻る