クレジットカード審査
当記事では、クレジットカードの審査について解説しています。審査が不安で審査通過のためのコツを知りたいという方や審査について単純に知識を得たいという方向けのコンテンツです。

すでにご存知だと思いますが、クレジットカードを作るには必ずカード会社の審査に通過する必要があります。即日発行のカードであっても例外ではありません。今回はあまり表に出てこないクレジットカードの審査について徹底解明します。

クレジットカードの審査とは!?

クレジットカードの審査とは、カード会社がクレジットカードを申し込んだ顧客がカードを発行するのに適切な人物かどうか判断するために行われるものです。

カード会社が審査を行わずに誰にでもクレジットカードを発行してしまったらどうなるでしょうか?もしそんなことをしてしまったら、利用者の中には返済をちゃんとしない人が出てくるでしょう。カード会社は利用者の支払いを立て替えている立場ですので、返済が行われないと会社の経営に影響を与えてしまうと考えられます。

審査を行えばふるいにかけて返済できない可能性がある人を弾くことができます。Credit Card=信用カードなので、信用に値する方でないとカードを受け取ることはできません。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準は、申込者の3Cを判断するのに必要な情報ということになります。3Cについては次の項目で詳しく解説しています。

クレジットカードの申込時に入力する年収、勤続年数、勤務先に関する情報や信用情報機関と呼ばれる機関に照会して得られる申込者のクレジットヒストリー(クレヒス)によって総合的に判断されます。

審査における3つの「C」を理解する

クレジットカードの審査では3Cが重要だと言われています。3Cとは、Capacity(返済能力)、Character(本人の性格)、Capital(資産や財産)の三つの項目の頭文字を指しています。

Capacity(返済能力)

Capacityは、申込者の返済能力を表しています。クレジットカードを利用してきちんと返済してくれるのかを判断します。返済能力を知るのに、カード会社はスコアリングシステムを採用しています。スコアリングとは、個人の信用(返済能力)を点数化することです。

年齢、年収等申込時に入力する項目を加点方式でスコア化します。例えば、年齢20歳以下なら3点・20歳以上なら2点と言った形です。カード会社は、統計的にどのような属性なら返済する可能性が高いということを把握しています。基本的には若くて、年収が高い方が有利だと言えます。ただし、カード会社によって基準は変わり、スコアの加重を変えることもあります。

Character(本人の性格)

Cahracterは本人の性格を表しています。ここでいう性格とは、きちんと期日に返済するかだらしなくないかということです。この性格を知るのに、申込者のクレヒスを調べることになります。クレヒスは信用情報機関に照会することで得られます。

信用情報機関とは、クレヒス個人の信用情報を管理している組織です。クレヒスとは、これまでのクレジット利用状況や申し込み情報等のことです。これによってあなたがきちんと返済を行う人かどうかを知るヒントが得られることになります。クレジットカードの審査の上で非常に重要な組織だと言えます。

Capital(資産や財産)

Capitalは主に入力項目の年齢、業種、勤務先、勤続年数、年収等によって判断されます。これらによってどのぐらいの資産があるのかを予測することができるからです。

資産があるということは借金をすることもなく、返済してくれる可能性が高いことがわかるからです。ただし、Capitalは審査の上でそれほど重要度は高くありません。

クレジットカード申し込みの流れ

申し込みから発行までの流れは下記のようになっています。カードによっては一部異なりますが、一般的にはほとんどのカードが当てはまると考えて良いと思います。

  1. カード会社の公式ホームページから申し込みを行う
  2. カード会社からの在籍確認の電話に対応する
  3. カード会社による審査が行われるので完了するまで待つ
  4. カードが発行されたら、店頭あるいは自宅で受け取る
  5. クレジットカードの規約の確認、カード裏面にサインをして使用開始となる

在籍確認

カード会社から在籍確認の電話が登録した電話番号あるいは職場に掛かってくることがあります。電話の内容は申し込みの確認、名前・生年月日の確認ぐらいです。

家族や職場の人に知られたくないから在籍確認がないクレジットカード会社はないと考えておく方が良いでしょう。ただし、審査によって在籍確認が行われないこともあります。

審査期間

審査に掛かる期間はカード会社や審査状況などによって異なります。最短即日審査が行われるものは、2・3日掛かるものまで様々です。一般的に流通系や消費者金融系のカードは早く、航空系カードや法人カードは審査に時間が掛かる傾向があります。急いでいる方は流通系や消費者金融系のカードを選択すると良いでしょう。

必要書類

クレジットカードの申し込みに必要な書類は下記の通りです。事前に用意しておくとスムーズに手続きができると思います。

  • 本人確認書類
  • キャッシュカードあるいは通帳
  • 保護者の同意書(未成年の方)

審査通過のコツ

クレジットカードの審査通過のコツや裏技を知りたいという方は多いと思います。ただ、クレジットカードの審査はブラックボックスと言える部分が多く確実にクレジットカードを作ることができる方法は存在しないと考えるべきです。いくら年収が高くてもカード会社が求める人物像に当てはまらなければ審査に落ちてしまうことも十分にあり得ます。

しかしながら、審査通過の確率をアップさせることができるコツというものもあるのも事実です。どうしてもクレジットカードを作りたいという方はカードに申し込む前に参考にしてくださいね。

クレジットカード審査に関するよくある質問

クレジットカードの審査に落ちてしまったのですがその理由を知ることはできますか?
残念ながら審査に落ちた理由を知ることはできません。電話でどうして落ちたか尋ねても答えることができないと言われるのがオチです。

審査落ちの理由について開示請求をされてもカード会社には答える義務はありません。審査に落ちたら自身の信用情報を照会して問題ないかを確認するのが良いでしょう。

これで終わらせるとサイト運営をしている意味がありません。そこで審査に落ちた理由について考えられるものを全て洗い出してみました。該当するものがないかどうかぜひチェックしてみてください。

関連記事:クレジットカード審査に落ちる理由徹底検証

クレジットカードの審査をキャンセルすることはできますか?
キャンセルすることは可能です。ただし、場合によっては不利益を被ることがありますので注意が必要です。

クレジットカードを申し込まなくても作れるETCカードはありますか?
あります。ETCパーソナルカードと呼ばれるETCカードであればクレジットカードがなくてもETC走行が可能です。

関連記事:ETCパーソナルカードについて

審査に関する人気記事

クレジットカードの審査難易度ランキング【2018年12月度】

当サイトで紹介している全てのクレジットカードの審査難易度ランキングを作成しました。特定のカードについて他のカードと比べた時の審査の難しさを知ることができます。作りたいカードがある方は是非参考にしてみてください。

法人クレジットカード審査難易度ランキング

法人クレジットカードの審査難易度ランキングを掲載しています。設立直後の企業代表者の方でも申込みができるクレジットカードがわかります。もちろんステータス性の高いカードも紹介しています。

法人クレジットカードの審査まとめ | 個人向けカードの審査との違いは何?設立直後でも審査通過はできるの?

法人カードの審査について解説しています。法人カードの審査はあらゆる面で個人向けカードとは異なっています。法人カードの作成検討中の中小企業代表者向けのコンテンツです。