Amazon MasterCardゴールド



Amazon MasterCardゴールドは、三井住友カードとAmazon.co.jpとの提携によって発行されているクレジットカードです。年会費割引をうまく活用すれば非常にオトクなカードだと言えます。

ゴールドカードとして十分な補償及びサービスを持つカードに仕上がっています。デザイン性の高い券面デザインも魅力的でそれを目的に作る方もいるほどです。

WEB申し込みで仮カード(テンポラリーカード)の即日発行を受けることができます。仮カードのため使用できるのはアマゾンに限定されます。それでも買い物をする予定の方であれば作成しておいて損はないと思います。

審査ハードルは高めで、10段階で5となります。属性とクレヒスが重視されますので、審査が不安な方はまず一般カードのAmazon MasterCardクラシックを検討しても良いかもしれません。

受け取り可能場所

  • Amazon.co.jpでのテンポラリーカード発行
属性別おすすめ度

  • 無職×
  • 未成年×
  • フリーター△
  • 学生×
  • 主婦・専業主婦△
  • 新社会人○
  • 30代社会人○
  • 個人事業主・法人代表○

対象資格は原則として満20歳以上で本人に安定継続収入のある方となります。無職の方はまず一般カードを作って実績を作る必要があります。

フリーターの方で審査が不安な方も一般カードから作成すると良いでしょう。主婦の方はパートをしていれば問題なく作成することができます。

20代・30代社会人、経営者の方でアマゾンの利用頻度が高い方にこそ持って欲しい一枚です。旅行保険も本家三井住友VISAゴールドカードと同等なので信頼性が抜群です。

Amazon MasterCardゴールドざっくり紹介
◎ 即時でAmazonテンポラリーカードの発行ができる
◎ アマゾンプライム会員になれる
○ ポイント還元率常時1.0%を超える
○ 年会費優遇制度活用で4,320円で所有できる

Amazon MasterCardゴールドの特徴

即時審査サービスですぐにクレジットカードを使える

毎日09:00~19:00の間は即日審査サービスを利用することができます。審査に無事通過すれば、Amazonテンポラリーカードが即時に発行されます。

Amazonのみの利用及び利用限度額3万円と制限がありますが、申し込みを行ってすぐに使用することが可能です。デジタルミュージック及びAmazonインスタントビデオの注文に利用することはできませんので注意が必要です。

ポイント還元率1.0%以上

一般加盟店舗でのカード利用分に対して1.0%のポイント還元率となります。また、Amazon.co.jpでの利用分は2.5%還元となりオトクです。

貯めたポイントは全て自動的にアマゾンアカウントに加算されます。交換をする手間がかからないので便利です。

年会費優遇制度がたくさんある

当該カードは多くの年会費優遇制度が用意されていて、両者をうまく活用すれば4,320円まで引き下げることができます。

通常、Amazon MasterCardゴールドは年会費10,800円(税込)掛かるゴールドカードですが、半額以下にすることができるのは大きなメリットです。

マイ・ペイすリボへの登録で半額

マイ・ペイすリボに登録をすることで年会費が5,400円(税込)となります。これだけで年会費が半額になります。

マイ・ペイすリボとは、カード利用分を全てリボ払いにするサービスのことです。金利がかかってしまう支払い方法なので、毎月の支払額を限度額いっぱいに引き上げておきましょう。そうすれば金利を支払うことなく、年会費割引の恩恵だけを受けることができます。

WEB明細サービスへの登録で1,080円引き

紙の明細書をなくすサービスであるWEB明細サービスに登録をした上で、年間6回以上のカード請求があれば1,080円(税込)の割引を受けることができます。

公共料金やスマホ代金の支払いにカードを登録しておけば条件を満たすことは簡単だと思います。

Amazonプライム会員に自動的になれる

amazonprime
ゴールドカードに入会すると自動的にプライム会員となることができます。通常年会費税込み3,900円のサービスです。アマゾンをよく利用する方であれば入っていて損はないでしょう。

Amazonプライム会員とは
プライム会員とはAmazonのショッピング利用の上で様々な特典を受けることができる会員制プログラムのことです。

数ある特典の中から特におすすめのものをピックアップして紹介します。

  • 無料配送
  • 購入する商品についてお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用することができます。購入した商品は早く手に入れたいというのが人間の心理だと思います。このサービスは非常に重宝します。

  • 家族間でアカウントの共有可能
  • 両親や兄弟・姉妹等同居している家族2人まで家族会員として登録することができます。家族会員は上記の無料配送サービスを受けることが可能です。その他下記で紹介するサービスに関しては対象外となります。

  • Amazonパントリー
  • 食品や日用品をまとめて購入することができるサービスです。箱の中に詰め込む形になり、一箱当たり290円の取扱手数料で利用することができます。アマゾンが苦手としていた少額の買い物もこれで捗ります。

  • プライム・ビデオ
  • 海外・国内ドラマ、邦画、洋画等が無料で観放題となります。わざわざレンタルをしにいく必要はなく、ストリーミングで視聴できます。こんなに便利になったのかと驚くばかりです。

  • Prime Music
  • 100万曲以上の楽曲やアルバムを聴くことができます。J-POP、洋楽、K-POP等多くのジャンルから選択することができます。

参照外部サイト:Amazonプライムについて-Amazon.co.jp公式HP

家族特約付きの旅行保険が付帯されている

海外旅行傷害保険

自動付帯の家族特約付き海外旅行保険が付帯されています。()内が家族特約の補償内容となります。

死亡後遺障害のみ利用付帯分もあります。死亡後遺障害最高5,000万円(利用付帯分4,000万円、家族特約1,000万円)、傷害疾病治療費用最高300万円(2,000万円)、救援者費用最高500万円(200万円)、賠償責任保険最高5,000万円(2,000万円)、携行品損害最高50万円(同額)となります。

ゴールドカードにふさわしい手厚い補償内容となっています。これだけの補償があると旅行で心強いです。

国内旅行傷害保険

自動付帯の家族特約国内旅行傷害保険が付帯されています。家族特約の補償は本会員と同額になります。

死亡後遺障害最高5,000万円(利用付帯4,000万円)、入院日額5,000円、通院日額2,000円、手術費用最高20万円となります。

空港ラウンジを無料で利用できる

空港ラウンジ
全国の主要空港のラウンジを無料で利用することができます。ゴールドカードならではの嬉しい特典となっています。

旅行に行く際に活用できるのでビジネスパーソンから支持されています。

電子マネーとの相性

楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAと主力の電子マネーに全てチャージをすることができます。

ただし、ポイントは付与されませんので、お得というわけではありません。電子マネー以外の点で価値を見出す必要があるでしょう。

電子マネー種類対応
モバイルSuicaチャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMOチャージ不可
SMART ICOCAチャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanacoチャージ可能
(ポイント付与対象外)
WAONチャージ不可
楽天Edyチャージ可能
(ポイント付与対象外)

ここはマイナス

家族カードの設定がない

家族カードの発行に対応していない点が残念です。Amazonを利用する方にとってメリットの大きいサービスなので、家族カードがあればもう言うことはありません。

ただし、そこまでしてしまうとサービスが成り立たなくなるということも理解できるので仕方ないのかもしれません。

比較対象になるクレジットカード

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック

一般カードになります。マイ・ペイすリボへの登録で年会費実質無料で所有することができますゴールドカードの審査基準を満たさない方必見です。。実績を作ってゴールドカードを目指しましょう。


スペック情報

カード名Amazon Mastercardゴールド
カード発行会社三井住友カード株式会社
発行期間テンポラリーカード即日発行対応
国際ブランドMasterCard
ポイント還元率1.0%~
年会費10,800円
ETCカード540円(税込)*年に1回以上の利用で無料。
家族カード設定なし
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
締め日・支払日月末締め/翌月26日支払い
ショッピング保険年間300万円
盗難保険盗難保険あり。