三井住友VISAプライムゴールドカード



三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友カードが発行するプロパーカードです。20代の方だけが作れる若者向けのゴールドカードです。スペック的に通常のゴールドカードと同等なので非常にお得な一枚だと言えます。

最短3営業日の発行とスピード発行に対応しています。すぐにでもゴールドカードが欲しいという方必見です。同年代の友人達と差をつけたいのであれば是非選びたいカードです。

審査難易度は、10段階で5となります。20代向けということを考慮して一般ゴールドカードよりも少し甘くなっています。それでも銀行系のプロパーカードで高いステータス性は健在です。

属性別おすすめ度

  • 無職✕
  • フリーター△
  • 学生✕
  • 主婦・専業主婦✕
  • 新社会人◎
  • 30代社会人✕
  • 経営者△

申込資格は、満20歳以上30歳未満となります。20代で安定継続収入のある方のみが対象となります。働き始めて半年程度の新社会人の方でも申し込みをすることができます。

収入があればフリーターの方でも申し込みをすることは可能です。ただ、一般カードで実績を作ってから申し込むほうが賢明でしょう。また、専業主婦の方は作成することが難しいです。

三井住友VISAプライムゴールドカードざっくり紹介
◎ 年会費を1,620円まで下げることができる
◎ 家族特約つきの海外旅行傷害保険が魅力的
△ 基本ポイント還元率0.5%

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

家族特約つき海外・国内旅行傷害保険付帯

ゴールドカードと全く同じ旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行傷害保険は死亡後遺障害最高5,000万円(最高1,000万円)、傷害疾病治療費用最高300万円(最高200万円)、賠償責任最高5,000万円(最高2,000万円)、携行品損害最高50万円(同額)、救援者費用最高500万円(最高200万円)とかなり手厚くなっています。

なお、死亡後遺障害については、自動付帯分1,000万円で旅行代金の決済を行うことで補償額が5,000万円にアップします。また、()内は家族特約の補償額です。家族特約の対象は本会員と生計をともにする19歳未満の同居の親族及び別居の未婚の子となります。

国内旅行傷害保険は死亡後遺障害最高5,000万円で内訳は自動付帯分1,000万円+利用付帯分4,000万円となります。

その他、手術費用最高20万円、入院日額5.000万円、通院日額2,000円となります。家族特約はありません。

空港ラウンジ利用可能

空港ラウンジ
全国28箇所にある空港ラウンジを無料で利用することができます。出張や旅行時に重宝する内容だと言えます。喧騒から離れた場所でゆったりとした時間を過ごすことができます。

高級旅館・ホテル予約サイト「relux」優待あり

全国の一流旅館やホテルの予約を行うことができるサイトrelux(リラックス)を利用することができます。最大3,000円OFFで利用することができる優待付きです。旅行好きにはたまりません。

三井住友VISAゴールドカードに自動更新

満30歳になった後の初めてのカード更新で自動的に三井住友VISAゴールドカードに切り替わります。延滞や滞納等特別な事情がないかぎり、無条件でゴールドカードを所有することができるのはうれしいですね。

ゴールドカードは必要ないという方は一般の三井住友VISAクラシックカードAに切り替えることもできます。

年会費優遇制度が充実

2種類の優遇制度を利用すれば年会費を1,620円まで引き下げることができます。銀行系のゴールドカードをこの年会費で所有できるのは他にありません。

1つ目は、マイ・ペイすリボへの登録です。年会費が半額(2,700円)になります。これはカード利用を全てリボ払いにするサービスです。

リボ払いと聞いて不安になった方も安心してください。支払額を自由に設定することができますので、カードの限度額いっぱいに設定しておけば手数料を支払う必要はありません。

2つ目は、ご利用代金WEB明細書サービスへの登録です。1,080円割引となります。郵送での明細書発行を停止してWEB上でいつでも見れるようにできるサービスです。特にこだわりがなければ積極的に利用したいサービスだと言えます。

これら二つを合わせると3,780円割引で、5,400円が1,620円となります。

電子マネーとの相性

三井住友VISAプライムゴールドカードは、電子マネーへのチャージでポイントを貯めることができません。その点で言うとそこまで相性が良いと言えません。

ただし、iDを紐付けて利用したり、WAONを追加カードとして発行することができます。どちらも使いやすく人気のある電子マネーです。iDに関しては利用分に対してポイントが付与されます。

電子マネー種類対応
モバイルSuicaチャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMOチャージ不可
SMART ICOCAチャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanacoチャージ可能
(ポイント付与対象外)
WAONチャージ不可
楽天Edyチャージ可能
(ポイント付与対象外)

ここはマイナス

20代限定のゴールドカードだということ

三井住友VISAプライムゴールドカードには、これという大きなマイナス点はありません。一つだけ挙げるとすれば20代しか所有できないということになるでしょう

。ただ、20代に限定しているからこそ一般のゴールドカードに比べて優遇されていると言えます。

例えば28歳で作れば実質2年程度しか持つことができないのはデメリットです。カードを最大限生かすにはできれば20代の早い段階で作るべきです。

比較対象のクレジットカード

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

JCB GOLD EXTAGE

JCBの若者向けゴールドカードです。一般のゴールドカードに比べて優遇されている面があります。早い段階でゴールドカードを持ちたい方必見です。家族カードを無料で持つことができるのも◎VISAよりもJCB派の方は必見です。スペック全体で見るとそこまで大きな違いはありません。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

年会費2,057円で持つことができる格安ゴールドカードです。UFJニコスが発行のカードです。VISA、MasterCard、JCBの三つの国際ブランドから選択することができます。複数ブランドを持つこともできます。

楽天カードゴールド

楽天ゴールドカード

最短3営業日の発行に対応しています。年会費2,160円となっています。上記のカードに比べるとステータス性はお取りますが、スペック的には申し分なありません。空港ラウンジを無料で利用できるのが嬉しいですね。

mitsuiprimegold

スペック情報

カード名三井住友VISAプライムゴールドカード
カード発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短3営業日
国際ブランドVISA、MasterCard
ポイント還元率0.5%~
年会費5,400円(税込)*マイペイすリボへの登録で割引あり。
ETCカード540円(税込)*年に1回以上の利用で無料。
家族カード永年無料
海外旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用最高300万円
携行品損害最高50万円
賠償責任最高5,000万円
救援者費用最高500万円
国内旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高5,000万円
手術費用最高20万円
入院日額最高5,000円
通院日額最高2,000円
締め日・支払日15日締め/翌月10日支払い
月末締め/翌月26日支払い
ショッピング保険年間最大300万円
盗難保険盗難保険あり。