エポスゴールドカード



エポスゴールドカードは、株式会社エポスカードによって発行されているゴールドカードです。審査難易度は10段階で4となります。ゴールドカードですが、流通系カードということで審査難易度は低めだと言えます。

抑えるところは抑えつつも、全体的にスペックは高めで汎用性の高いカードです。メリットが大きく初めてのゴールドカードにも最適です。マルイで買い物をする方以外にも魅力のある一枚です。

属性別おすすめ度

  • 無職△
  • フリーター△
  • 学生△
  • 主婦・専業主婦○
  • 新社会人○
  • 30代社会人○
  • 個人事業主・法人代表○

対象資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が取れる方です。この基準を考えると誰でも申し込みをできると考えることができます。

ただし、おすすめできる層というと5,400円の年会費分のカードの活用ができる方つまりショッピングすることが多い主婦や社会人の方となります。

学生の方は選択肢が多いため一般カードかその他学生向けのカードを選択すると良いでしょう。

エポスゴールドカードざっくり紹介
◎ マルイでのショッピングで還元率1.5%
◎ 年間50万円以上のカード利用あるいは一般カードからインビテーションで年会費無料になる
△ 家族カードは発行できない

エポスゴールドカードの特徴

年会費を無料にする方法がある

エポスゴールドカードは年会費5,400円が掛かります。しかし、年会費を無料にする方法が二つあります。ゴールドカードを無料で持てるというのは非常にメリットがあります。

できればいずれかの条件を満たせる方が作るのがおすすめです。現時点で満たせないという方は、満たせるようになってから所有するのがいいでしょう。

  1. 年間カード利用金額50万円以上で無料
  2. カード利用金額が年間50万円を達成すると翌年度年会費が無料になります。月平均41,667円の利用をすれば良いということになります。スマホ代金、ネット代金、食費、光熱費、日用品等を全てカードで支払いを行えば満たすことができるでしょう。50万円ぐらいは使うつもりのある方には非常にコストパフォーマンスの良いクレジットカードだと言えます。

  3. インビテーションが届いたら無料
  4. エポスカード一般カードを利用していて、エポスゴールドカードへのインビテーションが届いて加入をすれば年会費が永年無料になります。もしいまゴールドカードにこだわりがないのであればエポスカードを作って実績を作ることをおすすめします。

ポイント優遇プログラムがオトク

エポスゴールドカードの利用200円ごとに1P(1円相当)を獲得することができます。

ポイント還元率は0.5%と一般的な水準ですが、様々なポイント優遇プログラムを活用することで、還元率を大きく引き上げることができます。

年間利用金額に応じてボーナスを獲得できる

年間のカード利用額が50万円以上で2,500Pを、年間100万円以上の利用で10,000Pを獲得することができます。この場合還元率はそれぞれ1.0%と1.5%と還元率が高くなります。

下記で紹介するマルイでの買い物やポイントアップショップでの買い物が多くなるとより高い還元率を得ることができます。

マルイでの買い物でオトク

マルイでのショッピングでは200円につき2Pとなります。還元率は1%です。また、年に4回開催されるマルコとマルオの7日間は10%OFFで買い物をすることができます。

ポイントアップショップ登録でリアル店舗でもオトク

ポイントアップショップ対象ショップでのショッピングでポイントが優遇されます。最大3店舗まで登録することができます。

登録したショップでの買い物でポイントが3倍、還元率は1.5%と非常にオトクです。

よく行く店を登録しておけばお得さ大爆発です。対象ショップの一部をご紹介します。

  • マルイ
  • 三井アウトレットパーク
  • OPA
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ニトリ
  • 赤ちゃん本舗
  • H&M
  • しまむら
  • ユニクロ
  • ルイヴィトン
  • 東急ハンズ
  • ブックオフ
  • 東京電力
  • ETC利用
  • ガスト

参照外部サイト:選べるポイントアップショップ一覧-エポスカード公式HP

空港ラウンジを無料で利用できる

空港ラウンジハワイのホノルル及び韓国の仁川空港と国内主要空港(羽田空港、成田国際空港等)のラウンジを無料で利用することができます。また、VISAゴールドの特典として自宅・空港間の手荷物宅配サービスを優待価格で利用することができます。往路は15%OFF、復路が500円となります。

手厚い海外旅行傷害保険が付帯されている

自動付帯の補償の手厚い海外旅行傷害保険が付帯されています。傷害死亡後遺障害最高1,000万円、傷害疾病治療費用最高300万円、賠償責任最高2,000万円、救援者費用最高100万円、携行品損害最高20万円となります。

ケガや病気に掛かった時の補償が300万円なのはうれしいですね。利用する可能性が高い補償が手厚く、利用する可能性の高くない補償は必要最低限にすることでよりユーザー目線になった保険になっています。

エポスゴールドカードの電子マネーとの相性

チャージ対象の電子マネーが多く、またそれら全てがポイント付与の対象となることから電子マネーとの相性は良いと言えます。電子マネーを使う機会の多い方にとって良い選択肢になると思います。

特にオトクなのが、楽天Edyへのチャージでポイントが貯まる点です。ポイントが付与されるカード自体が珍しく、チャージ時と使用時のポイントの二重取りが実現します。積極的に活用したいですね。

電子マネー種類対応
モバイルSuicaチャージ可能
(ポイント付与対象)
PASMOチャージ不可
SMART ICOCAチャージ可能
(ポイント付与対象)
nanacoチャージ不可
WAONチャージ不可
楽天Edyチャージ可能
(ポイント付与対象)

ここはマイナス

家族カードの発行はなし

非常に良いクレジットカードですが、残念ながら家族カードを発行することはできません。

家族カードを作ることができれば最強のカードになるのですが・・・一般のエポスカードも作成ができません。家族カードを作りたい方は他のカードを検討すると良いでしょう。

ショッピング保険が付帯されていない

ショッピング保険が付帯されていません。ゴールドカードで付帯されていないのは珍しいです。ただ、海外旅行傷害保険やポイント優遇制度等魅力的な特典がたくさんありますので、そこまでマイナスとはならないでしょう。

ショッピング保険はあると便利ですが、実用性はそこまで高くありません。重要性は低いと考えて良いでしょう。

エポス一般カード

エポスカード

エポスカード

一般のエポスカードは即日発行に対応しています。WEBで申し込みをしてからマルイ各店舗で当日に受け取ることができます。

マルイでのショッピングでポイント還元率1.0%以上、手厚い海外旅行傷害保険が魅力的です。実績を作ればエポスカードゴールドの招待が来ることがあります。

比較対象のクレジットカード

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

年会費2,160円の格安ゴールドカードです。2016年に新しく登場したカードとなっています。最短3営業日での発行に対応しています。基本ポイント還元率1.0%、空港ラウンジ無料利用サービスと年会費を考えると非常にコスパが高いです。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

年会費2,057円の格安ゴールドカードです。最短翌営業日の発行に対応しています。早くゴールドカードが欲しいという方必見です。銀行系カードでステータス性が高い一枚です。ポイント優遇サービスも魅力です。


エポスカードスペック情報

カード名エポスゴールドカード
カード発行会社株式会社エポスカード
発行期間最短2週間発行
国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%~ (マルイでのショッピング1.0%~)
年会費5,400円(税込)
ETCカード永年無料
家族カード設定なし。
海外旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高1,000万円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用最高300万円
携行品損害最高20万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
国内旅行傷害保険死亡・後遺傷害設定なし。
手術費用設定なし。
入院日額設定なし。
通院日額設定なし。
締め日・支払日27日締め/翌月27日支払い
ショッピング保険設定なし。
盗難保険盗難保険あり。