jcbtabi_visa



JTB旅カードVISA/MasterCardは、JTBグループが株式会社セディナと提携して発行しているクレジットカードです。各種旅行保険も付帯されていて旅行好きの方におすすめの一枚となっています。年会費が掛かるカードですが、元を取りやすいためぜひチェックしてくださいね。

最短2週間での発行に対応しています。オンラインでの申し込みが可能。審査難易度は10段階で2です。標準的な難易度で延滞や滞納がなければ発行できる可能性が高いです。これまでクレジットカードを作ったことがない方でも申し込みできるのが魅力です。

最短2週間発行-JTB旅カードVISA/MasterCard申込みから発行まで

  1. JTB旅カードVISAの公式サイト(セディナ)から申し込みを行う

    注意事項の確認及び個人情報の取扱に関する同意条項を確認してから本人情報入力が画面に進みます。

  2. 審査に必要な本人情報の入力を行う

    名前、住所、電話番号、勤務先、勤続年数などの情報を入力します。誤字脱字があると審査に時間が掛かってしまうことがあるため慎重に対応しましょう。

  3. オンラインで口座振替の設定を行う

    事前に引き落とし口座の設定を行っておけばスムーズです。設定を行わない場合は郵送で口座振替依頼書を返送する必要があります。

  4. 審査通過後カードが発行となる

    申し込みからおよそ2週間でカードが発行されます。

JTB旅カードVISA/MasterCardの審査概要

審査難易度

当該カードの審査難易度は10段階で2です。一般カードとして標準的な難易度で他の同じクラスのカードと比較して特段の違いはありません。同じ難易度のクレジットカードとしては、「エムアイカードスタンダード」、「セゾンパールアメリカンエキスプレス」などが挙げられます。なお、上位カードの「JTB旅カードVISAゴールド」は難易度が5です。発行会社は異なりますが、どちらも三井住友グループなので一般カードで実績を作っておけばゴールドカードへの移行もスムーズになります。

属性別おすすめ度

  • 無職△
  • 未成年○
  • フリーター○
  • 学生○
  • 主婦・専業主婦○
  • 新社会人○
  • 30代社会人○
  • シニア○
  • 個人事業主・経営者○

申込資格は18歳以上となっています。ただし、オンライン申し込みは20歳以上のみで未成年の方は郵送で申し込みを行う必要があります。

審査難易度は高くないので、フリーター、学生、専業主婦の方でも作成できる可能性があります。おすすめの層としてはJTBグループ経由で旅行に行ったことのある方やこれから利用したいと考えている方です。旅行好きの方であればメリットがある一枚だと思います。

JTB旅カードVISA/MasterCardの基本スペック

年会費

本カードの年会費は1,728円(税込)です。一般カードとしては標準的だと思います。年会費の優遇制度はありません。家族会員は540円(税込)です。

追加カードのETCカードは永年無料となっていますが、新規発行手数料として1,080円(税込)が掛かります。所有コストは0ではありません。本当に必要なカードか慎重に考えることをおすすめします。

国際ブランド

国際ブランドはVISA及びMasterCardブランドから選択することができます。いずれの国際ブランドも世界的に知名度が高く利便性が高いです。国内外を問わず最も使いやすい国際ブランドだと言えます。

JCB、AMEX、ダイナースクラブなどの国際ブランドしか持っていない方にとっては魅力的でしょう。ややマイナーな国際ブランドになると使い勝手が劣ってしまうことがあります。

ポイント還元率

基本ポイント還元率は1.0%と高還元です。カード利用100円ごとに1PのJTBトラベルポイントが貯まります。ポイントの有効期限はポイント獲得月の翌年末までとなりますので、最大2年間です。

貯めたポイントについては100P(JTBホームページ・るるぶトラベル)あるいは1,000P単位(JTBグループ店舗)で利用することができます。ホームページ経由なら最低利用ポイント数が100Pと少ないので使い勝手が良いですね。

ショッピング保険

年間最高150万円のショッピング保険が付帯されています。JTB旅カードVISAで購入した商品について購入後90日以内に盗難や紛失で損害を被った場合に保険金を受け取ることができます。補償額が大きいのが嬉しいですね。

JTB旅カードVISA/MasterCardの特徴

カードの新規入会キャンペーン実施中

2019年3月31日までに入会をするともれなく1,600Pのトラベルポイントをもらえます。カードが到着したらすぐに利用できますので、直近で旅行の予定がある方はぜひ活用してくださいね。ホームページ経由で旅行商品の購入なら100P単位で利用できますよ!

JTBグループ販売店での利用でポイント優遇

全国のJTBグループ販売店で利用すれば1%還元に加えて0.5%分のポイント(10,000円ごとに50P)が貯まります。合計ポイント還元率は1.5%となります。

また、JTBホームページの利用の場合は事前払いの国内宿泊は1%還元(100円ごとに1P)、その他の旅行商品は0.5%還元(100円ごとに0.5P)と優遇されます。JTBグループが好きで利用することの多い方であれば年会費の元は取りやすいですし、カードを利用するメリットが大きくなります。

海外旅行保険付帯

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。カードを持っているだけで保険が適用となりますので、加入忘れの心配がありません。ただし、補償額が多いわけではありません。

他のクレジットカードと合わせて持つことを推奨します。補償内容は、死亡後遺障害最高1,000万円、傷害疾病治療費用最高150万円、個人賠償責任保険最高2,000万円、救援者費用最高200万円となっています。

なお、国内旅行傷害保険は利用付帯で死亡後遺障害最高1,000万円のみと手薄です。利用頻度が高い保険ではありませんので、付帯されていることを把握しておけば十分でしょう。

インフォメーションサービス(トラベルデスク)

専用のトラベルデスクが用意されています。海外旅行に役立つ情報や予約・手配などのインフォメーションサービスが利用可能です。さらに、海外旅行中には現地の「Jiデスク(海外55都市)」にてトラブルサポートやオプショナルツアー、レストランなどの案内や手配をしてもらえます。日本語でのサポートとなりますので、外国語が苦手な方でも安心です。

えらべる倶楽部ライフ

JTBが提供する福利厚生サービスである「えらべる倶楽部ライフ」を無料で利用することができます。宿泊、旅行、スポーツ、ショッピング、映画、スポーツクラブ、レンタカーなど幅広いカテゴリーの中から優待・特典を利用することができます。全国約10,000箇所以上の施設で優待を受けられます。

ロードサービス付帯カードを選択可能

jtbtabisuperroad
年会費2,160円のJTB旅カードJMBスーパーロードVISA/MasterCardを選択すればロードアシスタンスサービスを利用することができます。24時間365日いつでも車のトラブルがあってもサポートを受けられます。鍵閉じ込め、パンク、ガス欠など30分以内の応急処置なら実費負担のみです。また、30kmまでのレッカーサービスが無料となります。

その他優待・特典一覧

三井住友銀行のATM等各種手数料優遇

三井住友銀行のSMBCポイントパック契約口座からJTB旅カード利用代金の引き落としがあるとATM手数料が優遇されます。契約口座のキャッシュカード利用時のATM利用手数料が無料になり、かつコンビニATMの時間外手数料が月に3回まで無料になります。三井住友銀行口座を持っている方にとって魅力的だと思います。

海外おみやげサービス

インターネットから注文をすれば日本全国送料無料で商品を送ることができます。また、会員専用特典として10%OFFで購入できるメリットがあります。絵画旅行に行く前に購入しておけば、現地で買い物をする手間を省けます。荷物もかさばらないのでおすすめですよ。あ

フラワーサービス

インターネット経由でフラワーサービスを注文すると特別割引を受けられます。お子様や配偶者の方のお誕生日や結婚記念日など特別な日にお花を気軽にプレゼントすることができます。なかなかお花をプレゼントする機会は多くありませんが、こういったサービスがあるとより身近になりますね。

電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ不可
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
JTB旅カードVISA/MasterCardは、プリペイドタイプの電子マネーとの相性が悪いカードです。モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyにチャージをすることができますが、ポイント付与の対象外となっています。ポイント還元率の高いカードなのでこれは残念ですね。

なお、ポストペイタイプのiD及びQUICPayに対応しています。これらのポストペイタイプの電子マネーはポイント付与の対象ですので、これらの電子マネーを活用することを推奨します。また、Apple Payにも対応しています。

ここはマイナス

ETCの新規発行に手数料が掛かる

ETCカードの新規発行手数料として1,080円(税込)の手数料が掛かります。年会費が掛からないのは嬉しいのですが、発行手数料が掛かってしまうのはデメリットですね。できれば発行手数料が不要のクレジットカードを作成して二枚持ちにするのも良いと思います。

海外旅行保険が物足りない

当該カードには海外旅行傷害保険が付帯されています。しかし、旅行系カードとしては今ひとつな補償内容です。旅行者をターゲットにしたクレジットカードですのでもう少し頑張って欲しかったというのが正直な気持ちですね。

年会費無料で自動付帯のクレジットカードと合わせて持つかゴールドカードの作成を検討しましょう。カードの枚数を増やしたくないという方は旅行の都度民間の海外旅行保険に加入してカバーしましょう。通常2,000円前後で加入することが可能です。

JTB旅カードゴールドと比較

 一般ゴールド
券面jtbippanjtbtabivisagold
発行元セディナ三井住友カード
国際ブランドVISA
MasterCard
VISA
年会費1,728円16,200円
家族カード540円永年無料
ポイント還元率1.0%~1.5%~
JTBグループ優待+0.5%~1.0%+0.5%~1.0%
海外旅行保険1,000万円5,000万円
国内旅行保険1,000万円5,000万円
海外旅行取消補償×
国内航空機欠航補償×
空港ラウンジ×
ショッピング保険150万円300万円
えらべる倶楽部ライフ
JTB旅ゴールドカードとスペックを比較しています。発行元がセディナと三井住友カードで異なっています。ただ、厳密に言うとセディナは三井住友グループなので実質同じと考えて良いですね。どうして別の会社が発行しているのかは謎です。

ゴールドカードになると年会費が10倍になります。その分付帯サービスも充実しています。基本ポイント還元率1.5%、手厚い旅行保険、空港ラウンジ利用など魅力が盛りだくさんです。ただ、これだけ年会費を出せるならプロパーのゴールドカードなど選択肢も多くなるので悩ましいですね。

合わせて持ちたいクレジットカード

エポスカード

エポスカード

年会費無料の人気カードです。最短即日発行に対応していてWEB申込み後全国のマルイでカードを受け取ることもできます。自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されているのが特徴です。傷害治療費用最高200万円、疾病治療費用最高270万円とゴールドカードに匹敵する補償となっています。JTB旅カードとの相性は良いですね。

楽天カード

楽天カード

年会費無料×高ポイント還元のイチオシカードです。基本ポイント還元率1.0%と非常に高く、楽天グループやENEOSでの利用では2.0%以上となります。利用付帯ながら海外旅行傷害保険が付帯されているのも良いですね。メインカードとしてもサブカードとしても使える万能カードです。


スペック情報

カード名JTB旅カードVISA
カード発行会社株式会社セディナ
発行期間最短3営業日
国際ブランドVISA/MasterCard
ポイント還元率1.0%~
年会費1,728円(税込)
ETCカード永年無料
家族カード540円(税込)
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険最高1,000万円
締め日/支払日毎月10日締め/翌月6日払い
ショッピング保険最高150万円

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード特集
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

TOPページに戻る