当ページでは、海外旅行傷害保険が魅力的なおすすめの即日発行クレジットカードを紹介しています。クレジットカードの中には海外旅行傷害保険が付帯されているものもあります。海外旅行や留学をする予定のある方におすすめです。

手厚い海外旅行保険が魅力のクレジットカード一覧

カード名発行期間傷害疾病治療費用
エポスカード
エポスカード
最短即日270万円
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード*1
セゾンブルーアメリカンエキスプレス
最短即日300万円
楽天カード
楽天カード
3営業日100万円
三井住友VISAクラシックカードA *2
三井住友VISAクラシックカードA
3営業日100万円
JCB EITカード
jcbeit
3営業日100万円
リクルートカード
リクルートカード
1週間100万円
*1 来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。
*2 マイペイすリボへの登録で年会費が無料となります。

エポスカードは、年会費無料で疾病費用270万円、傷害費用200万円が付帯されています。最短即日での発行にも対応しています。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについては、年会費が少しかかりますが、疾病・傷害とも最高300万円とかなり手厚い補償内容となっています。ゴールドカードに匹敵する水準です。

楽天カードは年会費無料の人気カードです。利用付帯で最高100万円の疾病傷害治療費用が付帯されています。基本のポイント還元率も高く非常に使い勝手が良いです。

三井住友VISAクラシックカードAは年会費のかかるクレジットカードですが、ステータス性があり人気のあるクレジットカードとなっています。ステータス性・将来性共に高く長く使用することができます。

JCB EITカードについては、年会費無料で疾病傷害保険最高100万円が付帯されています。最後にリクルートカードは発行までに少し時間がかかりますが、年会費無料で疾病傷害保険最高100万円が付帯されています。

ここで紹介したクレジットカードは、リクルートカードを除き全て自動付帯となっていますので、旅行代金の決済を行う必要はありません。

また、全てのクレジットカードがキャッシュレス診療に対応しているため、現地で現金での支払いを支払わなくても保険会社が立て替えてくれますので、安心です。

一般カードの海外旅行傷害保険

一般カード付帯の海外旅行傷害保険では、補償内容が不十分な場合があります。例えば傷害治療費用及び疾病治療費用は100万円~200万円のものが多くなっています。

中には50万円というものもありますが、旅行保険を目当てにする場合この補償額のクレジットカードを選ぶのは避けた方がよいでしょう。傷害疾病治療費用は補償額の上乗せができるので低い金額のカードはサブ的に使うのがおすすめです。

海外で大きなケガをしたり、病気をしてしまった場合200万円以上の治療費用が必要になることもあります。ただ、軽い風邪や食中毒等であれば100万の補償があれば十分だと思います。

できればケガ・疾病治療費費用に関しては300万円程度の補償は欲しいので、何枚かのクレジットカードを組み合わせるか別途か民間の海外旅行保険に加入することをおすすめします。

救援者費用については、100万円程度の補償が一般的です。場合によってはもう少し補償が厚い方がよいかもしれませんが、傷害・疾病費用に比べると重要度は下げても問題ありません。

また、携行品損害については15万円~20万円の幅が多くなっています。携行品損害についてはあなたの持ち物以上の損害が出るわけではないので、利用頻度の高い保険ではありますがこれぐらいの補償でも問題ないでしょう。

海外旅行保険付きクレジットカード選ぶポイント

海外旅行保険付きのクレジットカードが増えてきています。複雑でわかりにくい海外旅行保険を、体系的にわかりやすく解説しています。押さえるポイントだけ覚えておけば問題ないでしょう。

付帯条件

付帯条件とは、海外旅行保険が適用される条件のことです。通常自動付帯と利用付帯の2種類があります。自動付帯とは、持っているだけで自動的に保険が適用となる保険です。自動付帯の方が、保険のかけ忘れがなく安心です。

一方、利用付帯とは旅行代金の一部または全額をクレジットカードで支払うことで保険が適用されるものです。普段あまりクレジットカードを使わない方は忘れないように決済をしましょう。

キャッシュレス診療

キャッシュレス診療に対応しているクレジットカードは、海外で病院に掛かった時に現金を支払う必要がありません。保険会社が治療費用を立て替えてくれるので安心して治療を受けることができます。

できる限りキャッシュレス診療に対応しているクレジットカードを選択しましょう。慣れない海外でお金の支払いをするのはストレスが貯まるものです。

海外旅行保険見るべき補償内容

傷害治療費用・疾病治療費用

傷害治療費用・疾病治療費用がどういう時に支払われる保険かというと、海外滞在中にケガをしたり、病気をしたりして病院に行った場合に支払われる保険です。感染症、食中毒、捻挫、骨折等ケガをしたり病気をしたりする可能性は比較的高いと言えると思います。これらの治療を日本で行う場合は数万円あれば十分なことが多いでしょう。

ところが、これが海外だと話しが異なります。日本の数倍時には数十倍の費用がかかることがあるのです。だから海外に行く際には海外旅行保険特に傷害・疾病治療費用が重要となります。最低ラインとして100万円あると安心です。

賠償責任

賠償責任とは、海外滞在中にあなたが他人のものを壊してしまったり、他人を傷つけてしまったというときに支払われる保険となっています。飲食店の看板を壊してしまったり、ホテルの設備を壊してしまったりということが考えられます。

故意ではなくても、こういったことが起こる可能性はあると思います。クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険を選ぶ時に重視したい項目の一つです。しかしながら、賠償責任についてはどのクレジットカードでもある程度の補償が付帯されているのが一般的です。

救援者費用

救援者費用とは、海外滞在中にケガや病気をして、日本に搬送する必要がある時に支払われる保険です。医師付き添いの元で実施するときや日本在住の家族を海外に呼ぶときに支払われる保険となっています。

ヘリでの移送になると高額になることがあります。上の二つに比べると重要度は低くなりますが、あると安心です。

海外旅行保険での死亡・後遺傷害の最高補償額の重要性は低い

クレジットカードの公式ホームページでは、死亡後遺傷害の最高補償金額がアピールされています。最高1,000万円とか2,000万円と高額な保険が付帯されていると書かれていることがあります。

しかし、よく考えてみてください。海外滞在中に死亡したり、後遺傷害を負う可能性がどの程度あると思いますか?確かに日本に比べると危険性はあるかもしれませんが、それでも観光地ではそこまで高くないでしょう。

それに比べるとケガをしたり、病気になる可能性の方が圧倒的に高いと思いませんか?つまり、カード会社はあまり利用される可能性の低い商品を前面に押し出しているのです。

海外旅行保険で一番重要な項目は、傷害・疾病治療費用となります。クレジットカード発行元のホームページにもあまり記載されていないので、当サイトの数値を参考にしてください。

合わせて読みたい記事一覧

最新のおすすめクレジットカードランキング

総合クレジットカードランキングを紹介。また、総合ランキングとは別に審査が甘い、VSIAプロパー、ショッピングなどカテゴリーごとのランキングもまとめています。人気のカードを知りたいとう方は要チェックです。

クレジットカード審査難易度ランキング

250券種以上のクレジットカードの審査難易度ランキングをまとめています。クレジットカードの取得難易度、ステータスなどを知りたい方必見です。読み物としてもおもしろいと思います。

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

人気の即日発行対応カードをチェック!