lifegolddp


デポジット型ライフカードゴールド(dp)は、ライフカード株式会社によって発行されているクレジットカードです。ゴールドカードとなっていますが、実はステータス性が高いカードではなく審査が不安な方いわゆるブラックの方をターゲットとしているカードです。少し特殊なクレジットカードだと言えます。それでも付帯サービスの内容は一般カードよりも優れていて上々だと思います。

最短3営業日での発行に対応しています。申込み後1週間程度で受け取ることが可能です。審査難易度は10段階で1です。デポジット型というカードの特性上最も審査難易度の低いクレジットカードだと言っても過言ではありません。消費者金融のアイフルグループに属しているライフカードだからこそ可能なのかもしれません。

当記事のコンテンツ内容

最短3営業日発行-デポジット型ライフカードゴールド(dp)申込みから発行まで

lifecard_mousikominagare

  1. ライフカードゴールドの公式サイトから申し込みを行う

    ライフカード(dp)専用のLPが用意されていますので、そこでスペックなどの確認を行うことができます。

  2. 個人情報の取り扱い、会員規約などの同意規約を確認後”同意して次へ”をクリックする

    疑問点があれば事前に問い合わせをしておきましょう。特別なことが書かれているわけではなく当たり前のことが書かれています。

  3. 希望のカードを選択後、審査に必要な個人情報を入力する

    申込者本人の情報、お勤め先、追加カードの選択、支払口座の設定を行いましょう。

  4. 審査が行われカードが発行されるのを待つ

    無事審査に通過すると最短3営業日発行、1週間程度で自宅で受け取ることができます。

デポジット型ライフカードゴールド(dp)の審査まとめ

審査難易度

当該カードの審査難易度は10段階で1です。現在国内では1,000枚以上のクレジットカードが発行されています。当サイトで紹介しているのは300万枚弱ですが…これらのカードの中で最も作りやすいカードだと言えます。
過去に延滞や滞納をしてしまってクレジットカードを持てないという方の最後に希望になるでしょう。

同じクラスのクレジットカードとしては、「アコムACマスターカード」や「ライフカード有料」、「ライフカードdp」が挙げられます。元々はライフカード有料の審査に落ちてしまった方向けにメールでの案内がありました。ユーザーからの評判が良かったのか、それとも潜在顧客の多さを把握していたのか理由は定かではありませんが、多くのユーザーに刺さるクレジットカードだと思います。

おすすめの属性

  • 無職○
  • 未成年×
  • フリーター○
  • 学生△
  • 主婦・専業主婦○
  • 新社会人○
  • 30代社会人△
  • 個人事業主・法人代表△

申し込み資格は、日本国内にお住まいの20歳以上で電話連絡が可能な方です。電話連絡んついては固定電話を引いている必要はなく携帯電話でもOKです。無職の方、フリーター・パートの方でも申し込みをすることができます。ブラックでクレジットカードを作ることができない方でも発行される可能性があります。ただし、現在進行中で延滞中の方や自己破産手続きを行っている方は対象外です。

デポジット型ライフカードゴールド(dp)の基本スペック

年会費

年会費は10,800円 or 21,600円のいずれかです。クレジットカードの限度額を100万円以上に設定した場合は21,600円になり、それ以下であれば10,800円となります。設定する限度額で年会費が変わるというのは斬新です。なお、追加カードであるETCカードは永年無料となっています。

基本ポイント還元率

基本ポイント還元率は0.5%です。カード利用100円ごとに0.1Pのライフサンクスポイントが貯まります。1P=5円相当ですので、0.1P=0.5円となります。100円単位でポイントが貯まるのは嬉しいですね。ポイントの優遇制度が充実しているのも特徴です。特徴の項目で詳しく解説します。

国際ブランド

国際ブランドはMasterCardのみとなっています。MasterCardブランドは、VISAと並ぶ大手国際ブランドで利便性が高くなっています。国内外を問わず使い勝手の良い国際ブランドです。初めて作るクレジットカード、クレヒスを作るカードとして魅力的な選択肢になると思います。

ショッピング保険

年間保証限度額200万円のショッピング保険が付帯されています。1事故当たりの自己負担額は3,000円です。ライフカードゴールドdpで購入した商品について、購入してから90日以内に盗難や破損などで損害を被った場合に保険金を受け取ることができます。高額な買い物をする際にあると魅力的な保険だと言えます。一般カードではあまり付帯されていることのないプレミアムな保険です。

デポジット型ライフカードゴールド(dp)の特徴&強み

業界唯一のデポジット型のクレジットカード

クレジットカード業界でも珍しいデポジット型のクレジットカードです。なぜこれまで同じようなクレジットカードがなかったのかと不思議になるぐらい画期的なクレジットカードだと思います。事前に保証金を預託することでクレジットカードとしての機能を利用することができます。通常のクレジットカードでは保証金を預託することはありませんので、その点が最大の特徴だと言えます。

このカードは、主に信用情報に延滞や滞納などの情報が登録されているいわゆるブラックの方をターゲットにしています。年会費や保証金で貸し倒れリスクを最小限に抑えています。公式サイトでも審査に不安な方を対象にしていることが明記されています。業界的に攻めているカードだと思います。通常審査難易度が低いということを押し出すことはありません。金融庁からの指摘もあると思うのですが、消費者金融系のライフカードだと特にお咎め無しなのでしょうか。

ポイントの優遇制度が充実

ライフカード=ポイントの優遇制度が充実として覚えておきましょう。基本ポイント還元率は0.5%とそれほど高くありませんが、ポイントの優遇制度を活用すればオトクなカードライフを過ごすことができます。

入会初年度ポイント1.5倍

入会初年度は無条件でポイント1.5倍、ポイント還元率0.75%となります。買い物をする予定のある方にとってはボーナスだと言えます。

誕生月ポイント3.0倍

誕生月は、ポイント3倍になります。ポイント還元率は1.5%と魅力的ですね。誕生月にまとめて買い物をするようにしましょう。改悪されるまでは5倍還元だったこと考えると悲しいです。

空港ラウンジサービス

ゴールドカードらしい空港ラウンジサービスが付帯されています。国内の主要26空港、34ヶ所の空港ラウンジを無料で利用することができます。通常2,000円前後掛かるラウンジ費用を節約することができます。同伴者の方は有料となります。飛行機を利用することの多いビジネスパーソンにおすすめです。

ロードサービス(限度額100万円以上限定)

限度額100万円以上に設定した場合(年会費21,600円)無料でロードサービスが付帯されます。ライフカードのロードサービスはサービスが手厚いのが魅力です。パンクやキー閉じ込みなどの一時的な処置については30分以内なら無料となります。レッカー移動は20kmまで無料、帰宅にかかる費用は2万円まで負担、宿泊費用は15,000円まで負担されます。クレジットカードの付帯のロードサービスとしては最高峰の一枚だと言えます。

各種保険サービスが付帯

海外旅行保険

自動付帯の海外旅行保険が付帯されています。死亡後遺障害最高1億円、傷害疾病治療費用最高300万円、救援者費用最高300万円、個人賠償責任保険最高1億円、携行品損害最高40万円です。ケガ&病気の治療費用が300万円と高額に設定されているのは魅力的です。ゴールドカード全体で見ても平均以上の補償内容となっています。

国内旅行保険

国内旅行傷害保険も自動付帯です。死亡後遺障害最高1億円、入院日額1万円、通院日額4,000円、手術費用最高10万円となっています。国内旅行保険はそれほど利用頻度の高い保険ではありません。パッケージツアーや宿泊を伴う旅行において、ホテル宿泊中の火事、爆発あるいは公共交通乗用具利用時の事故などで被害を被った場合に限定されます。それでも補償額が大きくなっているのは嬉しいですね。

シートベルト傷害保険

自動付帯のシートベルト傷害保険が付帯されているのも特徴の一つです。車に乗車中シートベルトをしていて事故をして条件を満たすと保険金を受け取ることができます。ただし、対象が死亡後遺障害となっていますので、どちらかというと家族のための保険だと言えます。

弁護士無料相談サービス

ライフカードが提携している弁護士法人港国際法律事務所で法律相談を30分無料で行うことができます。通常5,000円程度費用が掛かるサービスなのでお得です。交通事故、遺言相続、借金問題、離婚など困ったことがあればぜひ活用しましょう。

電子マネーとの相性を検証

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ不可
WAON
waon
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
楽天Edy
rakutenedy
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyにチャージをすることができます。ただし、いずれの電子マネーもポイント付与の対象外となっています。また、通常ライフカードにあるiDは非対応です。電子マネーとの相性が良いカードとは言えませんね。

マイナス面&注意点まとめ

ある程度手元にお金がないと作成できない

ゴールドカードの場合ある程度手元に現金がないと持つことができません。(最低210,800円)なぜならカード申し込み後受け取る際にカードと引き換えに一定の保証金を預ける必要があるからです。なお、限度額30万円以上になるとライフカードから連絡が来て担当者の方が自宅に来ることになります。

もし、多額のお金を用意するのが難しければ一般のライフカードdpの作成を検討しましょう。保証金は10万円+年会費5,400円まで引き下げることが可能です。

必要経費

  • 限度額20万円=保証金200,000円+年会費10,800円(税込)=210,800円
  • 限度額30万円=保証金300,000円+年会費10,800円(税込)=310,800円
  • 限度額100万円=保証金1,000,000円+年会費10,800円(税込)=1,010,800円

家族カードの発行はできない

当該カードはその特殊性から家族カードの発行には対応していません。配偶者の方やお子様に家族カードを発行したいと考えている方は他のカードを検討する必要があります。審査難易度を考えると楽天カードやイオンカードが選択肢に入ります。

支払いは1回払いのみに限定されている

当該カードの支払いは1回払いのみです。リボ払い、2回払い、分割払いなどには対応していません。また、キャッシングサービスもありませんので、理解しておきましょう。

ライフカード(dp)との比較

 ゴールド一般
券面lifegold_dplife_dp
申込資格国内在住で20歳以上で
電話連絡が可能な方。
国内在住で20歳以上で
電話連絡が可能な方。
国際ブランドMasterCardMasterCard
審査難易度10
ステータスGG
発行期間3営業日3営業日
年会費10,800円 or
21,600円
5,400円
保証金200,000円~100,000円
ポイント還元率
0.5%0.5%
海外旅行保険最高1億円最高2,000万円
国内旅行保険最高1億円×
ショッピング保険最高200万円×
空港ラウンジ×
公式公式公式
ライフカードdpにはゴールドカードと一般カードがあります。ゴールドカードと一般カードで審査難易度が同じになっている珍しいカードです。限度額がどれほど必要かを基準に考えると良いですね。年会費もアップするものの海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険などの付帯サービスが優遇されています。また、空港ラウンジの無料利用も可能です。反対に限度額がそれほど必要なかったり、保証金を用意できなかったりするのであれば一般のライフカードdpの作成を検討しましょう。

スペック情報

カード名ライフカードゴールド(dp)
カード発行会社ライフカード株式会社
発行期間最短3営業日
国際ブランドMasterCard
ポイント還元率0.5%~
年会費10,800円(税込)or
21,600円(税込)
ETCカード永年無料
家族カード設定なし
海外旅行保険最高1億円
国内旅行保険最高1億円
締め日/支払日毎月5日締め/当月末払い
ショッピング保険最高200万円

合わせて読みたい人気の記事

クレジットカードおすすめランキング2019

クレカマニアの管理人が厳選したおすすめのクレジットカードをランキング形式でまとめています。総合ランキングとは別に、審査が甘いカード、VISAプロパーカード、ゴールドカードなどカテゴリーごとに分類して紹介。

クレジットカード審査難易度ランキング

当サイトでレビューをしている全てのクレジットカードの審査難易度&ステータスについて解説しています。審査が最も難しいのはどのカードか知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

TOPページに戻る