amexskypuremier



アメリカン・エキスプレス スカイトラベラー・プレミアカードは、American Express Inc.によって発行されているクレジットカードです。スペック的にはゴールドカードに匹敵します。対象14社のマイルを効率良く貯めることができたり、空港ラウンジを無料で利用できたりと旅行好きの方向けのカードだと言えます。

最短2週間の発行に対応しています。時間が掛かる航空系のカードとなっていますので、余裕を持って作成すると良いですね。海外に行く直前に作成しても間に合わない可能性が高いです。

審査難易度は10段階で6となります。比較的難易度が高くなっています。クレヒス次第では落ちてしまうこともあります。審査に自信のない方はアメリカンエキスプレススカイトラベラーカードの作成を検討すると良いと思います。

当記事のコンテンツ内容

アメックススカイトライベラープレミアの審査概要

  • 無職×
  • 未成年×
  • フリーター×
  • 学生×
  • 主婦・専業主婦△
  • 新社会人○
  • 30代社会人◎
  • 個人事業主・法人代表◎

申込資格は20歳以上で、定職がある方です。無職の方、未成年の方、アルバイト・パートの方は作成することができません。契約社員や正社員として働いていることが申し込みの条件になります。新社会人の方は、20代前半からクレジットカードを作成していたり、ローンを組んでいたりしてクレヒスが良い方でないと落ちてしまうことがあります。

審査難易度は10段階で7となっています。アメックスプロパーのゴールドと同等の難易度だと言えます。メインのターゲットは、30代社会人や経営者の方となります。海外旅行や海外出張をすることの多い方であればメリットを享受しやすいと思います。

カードの取得のためのポイント

審査通過の確度を上げるのに最も効果的なのは下位カードのアメックススカイトライベラーカードで実績を作ることです。実績があればかなり作成しやすくなると言えます。

直接申し込む場合は同時期にクレジットカードの申し込みを行わず当該カードのみに注力しましょう。短期間に複数のカードに申し込むと審査に不利になってしまう可能性があるからです。審査にネガティブな影響を与える可能性のあることは避けるべきです。もちろん、延滞や滞納は論外です。

アメックススカイトライベラープレミアの基本スペック

年会費

年会費は37,800円(税込)となっています。家族カードは18,900円(税込)とリーズナブルです。なお、ETCカードについては540円が掛かりますが、年に一度以上の利用で無料になります。アメックスゴールドの年会費が31,320円であることを考えると差額はマイル獲得のボーナス分だと考えましょう。旅行保険などの付帯サービスはほぼ同じです。

ポイント還元率

アメックススカイトラベラープレミアカードは、100円のカード利用で1マイル相当のポイントを獲得することができます。基本のマイル付与率は1.0%です。ポイントに有効期限はありませんので、じっくりと貯めることができます。

通常交換レートは1,000Pで500マイルとなります。しかし、アメックスブランドの場合、年会費3,240円のメンバーシップ・リワードに登録するとポイントレートが2倍になります。

アメックススカイトラベラープレミアカードは、このメンバーシップ・リワードに登録しなくても交換レート2倍と優遇されています。

入会キャンペーン実施中

skytravellerpuremier
現在入会キャンペーンが実施されています。初回の年会費を支払うと入会ボーナスとして5,000Pを獲得することができます。マイルに等価で交換することができますので、5,000マイル相当のポイントを獲得できることになります。

アメックススカイトラベラープレミアカードの特徴

マイル獲得ボーナス多数

スカイ・トラベラー・5倍ボーナス

対象航空会社の航空券あるいは対象旅行代理店2社の指定旅行商品をウェブサイト経由あるいは指定店舗で購入した場合100円ごとに5P(=5マイル相当)を獲得することができます。一般カードが3倍なので、プレミアではマイル5倍と優遇されています。

puremiertaisyou

対象の航空会社は次の通りです。ANA/JAL、アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ANA、エールフランス航空、エアタヒチ、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、カンタス航空、ガルーダ・インドネシア航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイスインターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザドイツ航空となっています。

入会・継続ボーナス

カード入会時及び毎年のカード継続時に5,000P(=5,000マイル相当)を獲得することができます。持ち続けるだけでマイルを獲得できるのは嬉しいですね。

ファーストトラベル・ボーナス

カード入会後1年以内に対象の航空会社の航空券を公式サイト経由で購入した場合10,000Pを獲得することができます。初回の購入時のみが対象となります。旅行を計画している段階でこのカードを申込むと良いですね。

家族特約付きの旅行保険付帯

海外旅行傷害保険

利用付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。死亡後遺障害最高5,000万円(家族最高1,000万円)、傷害疾病治療費用最高100万円、賠償責任最高3,000万円、携行品損害最高30万円、救援者費用最高200万円となっています。死亡後遺障害以外は家族特約でも同額の補償を受けられます。

国内旅行傷害保険

利用付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。死亡後遺障害最高5,000万円(家族最高1,000万円)となっています。国内旅行保険については手厚いとは言えませんね。

海外旅行航空便遅延費用補償

利用付帯の海外旅行航空便遅延費用補償が付帯されています。搭乗した航空便の遅延・欠航あるいは預けた手荷物の遅延・紛失によって、実費が必要になった場合その額を補償してもらえます。対象となるのはホテル等客室料、食事代、衣料品・日用品購入費用です。

補償内訳は、乗継遅延費用最高20,000円、出航遅延・欠航・搭乗不能費用最高20,000円、受託手荷物遅延費用最高20,000円、受託手荷物紛失費用最高40,000円となります。

T&Eカードとして魅力的なサービス

アメックスブランドはトラベル&エンターテインメントカードとして確固たる地位を築いています。旅行・レストランなどにおいて様々な優待を受けることができます。

空港ラウンジサービス

空港ラウンジ
国内の主要空港及び海外の仁川・ホノルル空港の提携ラウンジを無料で利用することができます。同伴者1名様まで無料で利用できます。

家族・友人・恋人との旅行あるいは出張で重宝します。空港の喧騒から離れて落ち着いた時間を過ごすことができます。空港によってはシャワーを浴びたり、軽食を取ったりすることが可能です。

アメリカンエキスプレストラベルサービスオフィス

世界中にあるトラベルサービス網を利用することができます。世界で認められたアメックスブランドだからこそのサービスです。

トラベルサービスオフィスでは、観光情報やホテル・レストランの予約、カード紛失時の緊急でのカードの即日発行を依頼することができます。慣れない海外で安心して滞在することができます。

アメリカンエキスプレスセレクト

世界中の旅行代理店、レストラン、お店・商業施設等で優待を受けることができます。T&Eカードとして確かな実力を見せてくれます。

手荷物無料宅配サービス

tenimotsu
海外旅行からの帰宅時に、空港から自宅までスーツケースを一つ無料で配送してもらうことができます。身軽な格好で自宅に戻ることができるのは嬉しいですね。対象の空港は、羽田・成田・中部国際・関西国際空港となります。

エクスペディア優待

世界中のホテルやツアーを予約できるサイトである「エクスペディア」を優待価格で利用することができます。主に旅行で重宝するサービスだと言えます。
24時間365日リアルタイムで空室情報の確認や部屋の予約をすることができます。

各種保険サービスが充実している

ショッピング・プロテクション

年間最高500万円のショッピング保険が付帯されています。国内外で購入した商品について購入から90日以内に偶然の事故によって生じた破損・盗難等の損害を補償してもらうことができます。補償額が500万円と高額になっているのがさすが上位カードだと言えます。

キャンセル・プロテクション

年間最高10万円までのキャンセル費用等をカバーしてもらえる保険です。突然の病気やケガによる入院等で旅行やコンサート・ライブに行けなくなったり、出張で旅行にいけなくなったりした場合にキャンセル費用等の損害を補償してもらうことができます。アメックスブランドならではの優れた保険です。

オンライン・プロテクション

インターネット上で万が一不正利用をされた場合に、その損害を全額補償してもらうことができます。しっかりとした補償があるので、安心してオンラインショッピングを行うことができます。

電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ不可
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
アメックススカイトラベラープレミアカードは、モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyにチャージをすることができます。ただし、ポイント付与の対象外となっています。電子マネーへのチャージを考えているのであれば他のクレジットカードも合わせて所有すると良いですね。リクルートカードなどが選択肢に入ります。

ここはマイナス

プロパーのプラチナやブラックカードを目指すことができない

アメックススカイトラベラープレミアカードは、アメリカンエキスプレスが発行しているプロパーカードです。しかしながら、当該カードを使用していても同じプロパーのアメックスプラチナアメックスブラックカードのインビテーションが届くことはありません。これらのカードの招待が欲しい方は、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを作成して実績を積む必要があります。

旅行傷害保険はそれほど手厚くない

付帯されている旅行傷害保険はそれほど手厚くありません。傷害疾病治療費用最高100万円とケガや病気の治療費用が100万円と一般カードクラスの補償です。旅行に行く際はこれだけでは不十分なので、他のカードを合わせて持つか民間の海外保険に加入すると良いでしょう。

ANA及びJALマイルへの交換には手数料が掛かる

ANA及びJALマイルに交換する際は別途手数料が必要になるのがデメリットです。それ以外の対象航空会社の場合手数料が掛かりません。

ANAマイル5,400円、JALマイル9,720円の手数料が掛かります。これらの日本の航空会社を利用したい場合は他のカードを検討する方が良いかもしれません。

下位カードとの比較

一般
アメリカンエキスプレススカイトラベラーカード
プレミア
amexskypuremier
年会費10,800円37,800円
マイル付与率100=1P
1%
100=1P
1%
入会ボーナス3,000P5,000P
ファーストトラベルボーナス5,000P10,000P
継続ボーナス1,000P5,000P
スカイトラベラーボーナス100=3P
3倍
100=5P
5倍
プロテクションオンライン
ショッピング
オンライン
ショッピング
キャンセル
海外保険3,000万円5,000万円
国内保険2,000万円5,000万円
スカイトラベラー一般カードとプレミアカードとの比較をわかりやすくテーブルにまとめてみました。年会費がおよそ3倍と高めの設定になっています。その他大きな違いとしては、入会・継続及びファーストトラベルのボーナスポイントです。プレミアになると最大10,000P(10,000マイル相当)を獲得することができます。

また、補償も手厚くなっています。キャンセルプロテクションが付帯されています。万が一の事態によって旅行やコンサートをキャンセルしなければいけなくなった場合そのキャンセル費用を負担してもらえる手厚い保険です。海外及び国内保険に関しては大きな違いはありません。数字上は違いがあるように見えますが、死亡後遺障害の違いだけなので気にするほどではありません。

どちらのカードを選ぶべきかはこれらの違いを踏まえて検討すると良いですね。旅行に行くことが多い方、年に3,4回は行くという方はプレミアを選択すると良いでしょう。

比較対象のクレジットカード

アメックススカイトラベラーカード

amexskytraveller

スカイトラベラープレミアの下位カードです。年会費10,800円となっています。プレミアと一般カードの違いは上記の通りです。まずはスカイトラベラーカードを作成してからステップアップするというのも良いですね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメックスが発行するプロパーゴールドカードです。最短1週間での発行に対応しています。年会費31,320円です。メンバーシップ・リワードに加入すると3,240円が上乗せとなります。非常に手厚い海外旅行傷害保険が付帯されています。その他アメックス独自の優待を受けることができます。プラチナやブラックを狙っている方必見です。

旅行傷害保険上乗せ目的のカード

エポスカード

エポスカード

最短即日発行に対応しているクレジットカードです。年会費無料の一枚です。スカイトラベラープレミアの弱みである傷害疾病治療費用が最高270万円と無料カードとは思えない手厚い保険が魅力です。

電子マネーチャージでオトクなカード

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料のクレジットカードです。ポイント還元率1.2%と高スペックです。モバイルSuica、SMART ICOCA、nanaco、楽天Edyにチャージをすることができて満額のポイントを獲得することができます。電子マネーチャージ目的に持つのも良いでしょう。


スペック情報

カード名アメリカン・エキスプレス
スカイ・トラベラー・プレミア・カード
カード発行会社American Express International, Inc.
発行期間最短2週間発行
国際ブランドAmerican Express
マイル還元率1.0%~
年会費37,800円(税込)
ETCカード540円(税込)
年に1回以上の利用で無料
家族カード18,900円(税込)
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
締め日・支払日入会時に通知。
ショッピング保険年間最大500万円
盗難保険盗難保険あり。