jaldiners



JALダイナースカードは、JALカードとDiners Clubの提携によって発行されているクレジットカードです。JALマイルを貯めやすさとダイナースクラブの付帯サービスに特徴があるマイルカードです。ダイナースクラブの位置付けと年会費から考えるとプラチナカードかと思うのですが、当該カードはゴールドカードという位置づけです。

最短3週間での発行に対応しています。航空系のカードは発行までに時間が掛かってしまうのが一般的なので、早い段階で申し込んでおくとよいでしょう。旅行の予定がある方は急ぎましょう。審査難易度は10段階で8です。プロパーのダイナースクラブに匹敵する難易度となっています。クレヒスがない方はまずはクレヒスを作ることを優先した方が良いかもしれません。

最短3週間発行-JALダイナースカード申込みから発行まで

  1. JALダイナースカードの公式サイトから申し込みを行います。

    規約の確認後本人情報の入力、自宅・お勤め先の入力、口座情報の入力などを入力します。

  2. 審査通過後入会手続きに必要な書類が送られてきますので、書類に記入後本人確認書類を同封して返送します。

    登録した住所宛に送られます。本人確認書類は、運転免許証やパスポートなどのコピーが必要となります。

  3. 返送後カードが発行されます。自宅で受け取ることになります。

    返送後およそ1週間程度で発行されます。気長に待ちましょう。

JALダイナースカードの審査まとめ

審査難易度

審査難易度は10段階で8(偏差値65-70)です。審査ハードルが高いクレジットカードだと言えます。同じ難易度のクレジットカードには、「ANAダイナースカード」、「ANA JCBカードプレミアム」など航空系のカードが揃っています。属性に自信がない方はクレヒスを築いてから挑戦することを推奨します。

おすすめの属性

  • 無職×
  • 未成年×
  • フリーター×
  • 学生×
  • 主婦・専業主婦△
  • 新社会人×
  • 30代社会人◎
  • 個人事業主・法人代表◎

申込資格は原則として27歳以上の方となります。これまでダイナースクラブと言えば年収1,000万円以上と言われていましたので、それに匹敵する収入が必要となります。年齢による制限が高めです。

未成年の方、フリーター、学生、新社会人の方は申し込み不可です。30代社会人の方や経営者の方におすすめのクレジットカードだと言えます。これまで様々なクレジットカードを作ってクレヒスがしっかりしている方が対象です。

JALダイナースカードの基本スペック

年会費

年会費は30,240円(税込)となっています。家族カードは9,720円(税込)と比較的抑えられています。ETCカードは永年無料で持つことができます。プロパーのダイナースクラブカードの年会費が23,780円(税込)であることを考えると、差額の6,460円がJALカードの付帯サービス料ということになります。JALカードのいいところとダイナースクラブのいいところを両取りできるお得なカードです。

基本マイル還元率

基本マイル還元率1.0%となっています。通常0.5%還元ですが、ショッピングマイル・プレミアムに無料で自動入会となり1.0%還元と優遇されます。カード利用100円ごとに1マイルを獲得することができます。普段の買い物でもマイルがたまりやすいのはJALカードならではの強みですね。

ショッピング保険

年間最大500万円のショッピングリカバリー保険(ショッピング保険)が付帯されています。JALダイナースカードで購入した商品について盗難や破損・故障などで損害を被ってしまった場合に保険金を受け取ることができます。家電や家具など引越し後などたくさんお金を使う時に重宝しますね。

入会キャンペーン実施中

jaldinersmile

2018年7月18日~2018年10月31日まで期間限定で入会キャンペーン実施中です。最大8,600マイルを獲得できるチャンスです。入会ボーナス3,000マイル、JALカードショッピングマイル・プレミアム入会ボーナス500マイル、JALカードアプリダウンロード&ログインボーナス100マイル、入会搭乗ボーナス5,000マイルとなっています。満額獲得のハードルは低めですので、積極的に目指してくださいね。

JALダイナースカードの特徴&強み

JALマイルが貯めやすい

搭乗ボーナスでざくざく貯まる

JALカードだからこそ飛行機搭乗でマイルが貯まりやすくなっています。JALグループ便(JAL、JTA、RACなど)の搭乗ごとに区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%のフライトボーナスをもらえます。

さらに、入会後の初回搭乗後5,000マイル、毎年のカード継続後の初搭乗で2,000マイルがプレゼントされます。日頃からJALを利用している方にとってはメリットの大きいクレジットカードだと思います。ぜひ持っておきたいですね。

JALカード特約店でマイル付与率2倍

全国のJALカード特約店でカード決済をすると100円につき2マイルを獲得することができます。マイル付与率は2.0%還元です。多数の特約店がありますので、一部の店舗を紹介しておきます。

JALカード特約店例

  • JALグループ航空券購入
  • イオン
  • ファミリーマート
  • マツモトキヨシ
  • ENEOS
  • トヨタレンタカー
  • 松坂屋
  • ビックカメラ

その他JALグループでの優待

その他にも魅力的な優待が目白押しです。

  • JALビジネスきっぷ
  • 最大40%割引の会員限定割引で航空券を購入することができます。当日の予約、購入ができますので急な出張にも対応できます。また、予約変更も簡単に行なえます。

  • JAL機内販売割引
  • JAL国際線及び国内線の機内販売が10%割引となります。もちろんJALカード特約店としてマイルが2倍貯まるのでオトクさ爆発です。

  • 国内空港売店割引
  • 空港内店舗である「BLLUESKY」、「コーラルウェイ」、「アプローズ」で最大10%割引を受けることができます。

  • 成田空港免税店割引
  • 免税店でのショッピングが10%OFFとなる優待です。お土産を買うのにいいですね。

  • JALホテルズ割引・特典
  • 対象ホテルの予約をするとアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、レストラン・バーの割引優待などを特典を受けられます。

海外・国内旅行保険

海外旅行傷害保険

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。死亡後遺障害最高1億円、傷害疾病治療費用最高300万円、賠償責任最高1億円、携行品損害最高50万円、救援者費用年間400万円となっています。ゴールドカード以上の補償が魅力的です。なお、死亡後遺障害については自動付帯分5,000万円、利用付帯分5,000万円で合わせて1億円となっています。家族特約は付いていません。

国内旅行傷害保険

自動付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。死亡後遺障害最高1億円、手術費用最高40万円、入院日額1万円、通院日額3,000円となっています。死亡後遺障害については海外旅行保険と同じく自動付帯分5,000万円及び利用付帯分5,000万円となっています。国内旅行保険自体利用することの多い保険ではありませんが、万が一に備えることができるのは安心感があります。

ビジネス・アカウントカード

年会費2,160円でビジネス・アカウントカードを作成することができます。法人代表者の方や士業、個人事業主の方が利用できます。プライベートの支払いと事業用の支払いを明確に区別することができますので、経費管理が楽になります。もちろんビジネスアカウントの利用分に対してもJALマイルを貯めることができます。ビジネスをしている方にとっては非常に魅力的な一枚だと言えますね。

ダイナースクラブ管轄の空港ラウンジを利用できる

空港ラウンジ
ダイナースクラブが展開している空港ラウンジ網を無料で利用することができます。国内外800箇所以上のラウンジが対象で、プライオリティパスに匹敵するサービスだと言えます。いわゆる航空会社が提供するラウンジも一部対象となっていますので、ワンランク上の空間を利用できます。軽食やフリードリンクが用意されていていたり、シャワーが完備されていたりとより快適に滞在することができます。

エグゼクティブ・ダイニング

dining30
ダイナースらしいレストラン優待を受けることができます。国内の対象のレストラン、料亭で所定のコースを2名様以上で予約をして利用すると1名様分が無料になるお得な優待です。プラチナクラスのクレジットカードに付帯されていることが多いですね。デートや接待で利用することができます。普段なかなか行けないようなお店が揃っていますので、記念日などいつもと違う演出をしたい方必見です。カップルで行けば女性に喜ばれること間違いなしですよ。

JALカードゴルファー保険

クレジットカードには珍しいゴルファー保険が付帯されています。接待や趣味でゴルフをすることのある方必見です。日本国内及び海外いずれも対象となります。死亡後遺障害最高300万円、賠償責任最高1億円、入院日額4,500円、通院日額3,000円です。ただし、ゴルフクラブなどの損害、ホールインワン・アルバトロス保険は対象外です。これらの保険が必要な方は別途加入する必要がありますね。

手荷物無料宅配サービス

luggagemuryou
海外旅行からの帰国時に自宅までスーツケースを1つ無料で配送してもらうことができます。通常2,000円程度の費用が掛かりますので、とてもお得な優待だと言えます。私も海外に行く際には必ず利用しています。手ぶらで帰宅できるのは楽ですよ。利用する際は対象の空港の宅配センターで手続きをするだけです。成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港が対象となっています。

電子マネーとの相性を検証

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ不可
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ不可
JALダイナースカードは、電子マネーとの相性がよくありません。モバイルSuica及びSMART ICOCA自体にチャージを行うことができますが、ポイント付与の対象外となっています。電子マネーチャージでポイントを貯めたい方は他のカードと合わせて持つと良いでしょう。

ここはマイナス

プレミアムカードの設定がない

JALダイナースクラブカードには上位カードであるプレミアムカードの設定がありません。いわゆるブラックカードあるいはプラチナカードにステップアップすることはできません。アメックスとJCBのみプレミアムカード(プラチナ)の設定があります。

ステータス性だけではなく、アドオンマイルというボーナスが獲得できないというデメリットがあります。アドオンマイルはJALグループの航空券購入で+2.0%のマイルを獲得でき、合計4.0%還元のマイルを得られます。年会費がプラチナカードと同等であることを考えると少し物足りないですね。

審査難易度が高く簡単に作れない

当該カードは審査難易度が高く上位6.7%に入るクレジットカードです。そう考えると簡単に作成できるカードではないことがわかると思います。カードの付帯サービスや特典に魅力を感じて作りたいと思っても作ることができない可能性があることも理解しておくことが大切です。今属性に自信がないのであれば地道にクレヒスを築いたり、勤続年数あるいは年収を増やしたりすることを考えないといけません。

JALアメックスプラチナとの比較

 JALダイナースJALアメックス・プラチナ
券面jaldinersjalamexplatinum
国際ブランドDiners ClubAmerican Express
発行期間最短3週間最短4週間
年会費30,240円(税込)33,480円(税込)
家族カード9,720円(税込)16,740円(税込)
審査難易度81/10078/100
ステータス性AA
マイル還元率1.0%~1.0%~
アドオンマイル×+2.0%
プライオリティパス×
家族会員も対象
ダイナース空港ラウンジ×
海外旅行保険疾病治療費用:300万円
携行品損害:100万円
疾病治療費用:200万円
携行品損害:50万円
ショッピング保険500万円300万円
公式公式HP公式HP
比較対象として年会費が近いステータスカードであるJALアメックスプラチナと比較しています。大きな違いはアドオンマイルですね。アドオンマイルはプラチナカードの特典でJALグループの航空券購入時に+2.0%を獲得できます。JALカード特約店によるマイル2倍と合わせると4%還元です。また、プライオリティパスについては、ダイナースクラブは独自の空港ラウンジ網でカバーしています。ここは大きな差はありません。旅行保険及びショッピング保険についてはJALダイナースの方が手厚くなっています。

スペック情報

カード名JALダイナースカード
カード発行会社株式会社ジャルカード
発行期間最短4週間
国際ブランドDiners Club
マイル還元率1.0%~
年会費30,240円(税込)
ETCカード永年無料
家族カード9,720円
海外旅行保険最高1億円
国内旅行保険最高1億円
締め日/支払日毎月20日締め/翌月10日支払い
ショッピング保険最高500万円

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

TOPページに戻る