JCB一般カード



JCB一般カード(ORIGINAL SERIES)は、株式会社ジェイシービーによって発行されているクレジットカードです。JCBブランドのプロパーカードで、エントリーカードとして評価できます。

ジェイシービーは、唯一の日本発祥の国際ブランドで日本の心「和」がデザインを含めて様々な点に垣間見られます。至れり尽くせりのサービスはさすがの一言ですね。セブンイレブン等での割引優待も充実していて非常に使いやすい一枚だと言えます。

JCBカードは最短当日発行に対応しています。地域によっては翌日に受け取ることができます。WEB申し込みでこれだけのスピード発行は嬉しいですね。

審査難易度は10段階で4となります。一般カードですが誰でも簡単に作れるカードということはありません。ステータス性・信頼性共に国内トップの高さを誇ります。

チェックポイント!!
2017年11月にJCB CARD Wが新しく発行を開始しました。このカードの登場によって、JCB一般カードを選ぶ理由がほとんどなくなってしまったと考えて良いでしょう。年会費無料でポイント還元率2倍ならJCB CARD Wの方が優れています。新しいカードということもありユーザーの要望にしっかりと応えてくれます。当日発行にこだわりたいのであればJCB一般カードが選択肢に入ることは変わりありません。

50秒で理解、JCB一般カード!!

発行期間審査の甘さ年会費ポイント還元率付帯サービス
nijyuumaru
最短当日
maru
標準
maru
1,350円
sankaku
0.5%~
nijyuumaru
優秀
JCB一般カードの特徴

・JCBブランドのプロパーカード

・最短当日発送、翌日受け取りができる

・Apple Payにチャージができる

管理人レビュー

ジェイシービーカードを初めて作る方向けのクレジットカードです。ただし、今はポイント還元率を重視したJCB CARD Wが登場したため魅力は薄れてしまっています。立ち位置が難しくなってしまったかわいそうなカードだと言えますね。


それでも当日発送に対応しているため選ぶ理由としては十分でしょう。カード券面も落ち着いていて、仕事でもプライベートでも大活躍です。今すぐカードを作る必要がない方はJCB CARD Wの作成を検討する方が良いかもしれません。年会費無料でポイント還元率が2倍となっていますので使い勝手が良いです。あとは券面デザインの好みで考えると良いでしょう。



最短当日発行-JCB一般カードの申込みから受取りまで

  1. JCB一般カードの公式サイトから”翌日お届けをご希望の方はこちら”をクリック

    通常の申し込みだと最短3営業日発行となります。

  2. 名前、住所、勤務先などの個人情報を入力

    クレジットカードの審査に必要な情報を記入します。間違ってしまうと当日発送ができないことがあるので慎重に入力しましょう。

  3. インターネットで口座振替設定を行う

    みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行など主要91行が対象です。

  4. 審査通過後カードが発行されるので受け取る

    審査に通過すれば自宅で最短翌日にカードを受け取ることができます。

JCB一般カードの審査難易度と属性別おすすめ度

  • 無職×
  • フリーター△
  • 学生◎
  • 主婦・専業主婦○
  • 新社会人◎
  • 30代社会人○
  • 個人事業主・法人代表○

当該カードの審査難易度は10段階で4と標準的です。対象資格は18歳以上で本人あるいは配偶者の方に安定継続収入のある方となります。ただし、学生の方も申し込み可能です。

学生や新社会人の方のように若い内からJCBカードを持っていると将来的にゴールドカードを所有することもできます。ステータス性も高いので財布に一枚入っているので嬉しいですね。30代社会人の方や経営者の方はゴールドカードも含めて検討すると良いでしょう。

JCB一般カードの基本スペック

年会費(優遇制度あり)

jCB一般カードは、初年度年会費無料で二年目からは1,350円(税込)掛かります。ただ、優遇サービスが用意されていて、下記二つの条件を満たすことで永年無料で所有することが可能になります。

年間で50万円以上使えるかどうかが肝となります。JCB一般カードは、将来性や利便性・サービスを考慮すると年会費が掛かっても所有する価値のあるカードだと考えます。

  • 年間のカード利用額50万円以上(月平均41,667円)
  • WEB明細サービス「MyJチェック」への無料登録

ポイント還元率

JCB一般カードの利用1,000円ごとに1Pが貯まります。1P当たり5円相当なのでポイント還元率は0.5%となります。

この基本ポイントに加えていくつかの優遇制度がありますので、うまく活用すればポイント還元率を引き上げることができます。優遇制度については後述しています。

ショッピング保険

最大100万円のショッピング保険が付帯されています。海外でのショッピング及び支払い名人に登録中の国内ショッピングに適用されます。購入した商品の損害や盗難に対して補償されます。

支払い名人は全ての支払いをリボ払いにする決済方法です。2回以上に支払いを分けると手数料が掛かりますので、支払額を調整しておくことをおすすめします。

JCB一般カードのキャンペーン情報

jcbcampaign
2018年9月30日までの期間限定でキャンペーン実施中です。最大11,000円相当のポイントを獲得できます。下記にキャンペーンの詳細をまとめていますが、一部条件が厳しいので4,000円程度獲得できればオッケーと考えておきましょう。

キャンペーン詳細

  • 新規入会で2,000円分のギフトカード獲得
  • 家族カード新規入会で最大2,000円分のギフトカード獲得
  • 家族カード発行1枚につき1,000円分、最大2,000円分のギフトカードを獲得できます。

  • カード入会後友達紹介で最大5,000円分のギフトカード獲得
  • 友人を紹介すると1人につき1,000円分のギフトカードを獲得できます。最大5名まで5,000円分となります。

  • 支払い名人新規登録及び利用でもれなく2,000円キャッシュバック
  • カード申込時に支払い名人登録で500円キャッシュバック、支払い名人で5万円以上の利用で1,500円キャッシュバックとなります。

JCB一般カードの特徴

最短当日発行に対応している

jcbsokujitsuJCBカードは銀行系カードとして珍しくスピード発行に対応しています。最短当日に発行され、翌日に受け取ることができます。

なお、最短当日発行をするためには、申込完了後にオンライン口座設定を行う必要があります。手元にインターネットバンキングのカード、キャッシュカード、預金通帳等を用意しておくとスムーズに手続きを行うことができます。

ポイントの優遇制度が充実

JCB STAR MEMBERSでポイント優遇
年間利用額一般ゴールド
年間30万円以上
(スターe PLUS)
10%UP
(0.55%)
10%UP
(0.55%)
年間50万円以上
(スターβ PLUS)
20%UP
(0.6%)
20%UP
(0.6%)
年間100万円以上
(スターα PLUS)
50%UP
(0.75%)
50%UP
(0.75%)
年間300万円以上
(ロイヤルα PLUS)
-60%UP
(0.8%)

年間のカード利用金額に応じて、メンバーランクが決定されます。メンバーランクに応じて、ポイント付与率のアップやキャンペーンの優遇などを受けることができます。年間ショッピング代金に応じたポイント付与率と実質還元率について解説しています。

一般カードは、年300万円以上使っても50%が適用されます。また、キャンペーンの抽選口数が適用ステージに応じて優遇されます。スターe PLUS及びβ PLUSは2倍、スターα PLUSでは4倍となり、抽選確率が高くなります。

JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店舗でお得

JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店実店舗でのカード利用でポイント倍率が高くなります。ネットに強いだけではないのが、JCBカードです。

  • スターバックス ポイント5倍
  • セブンイレブン ポイント3倍
  • イトーヨーカドー ポイント3倍
  • エッソ、モービル、ゼネラル ポイント2倍
  • 昭和シェル石油 ポイント2倍
オンラインショッピングでお得

JCBが運営するOkidokiランド経由でネットショッピングをするとボーナスポイントが適用されます。Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、三越、無印良品、ベルメゾンネット等が参加しています。

国内・海外旅行傷害保険が付帯されている

利用付帯の旅行保険が付帯されています。銀行系の一般カードの中でも優れた補償となっています。旅行に行くことが多い方に安心を提供してくれる付帯サービスです。

国内旅行傷害保険は、死亡後遺障害最高3,000万円となっています。海外旅行傷害保険は、死亡後遺障害最高3,000万円、傷害疾病治療費用最高100万円、賠償責任最高2,000万円、携行品損害最高20万円、救援者費用最高100万円となります。

スマホアプリも安全、セキュリティが高い

onetime
インターネットショッピングではJ/Secureと呼ばれる本人認証サービスが導入されています。これは、オンライン決済においてあらかじめ設定したパスワードを入力しないと取引ができないというものです。カード番号と有効期限のみで取引ができてしまうネットショッピングのセキュリティ強化のために採用されています。

このシステム自体は他の国際ブランドでも採用されています。今回この本人認証サービスにスマートフォンのアプリを活用したセキュリティシステムが導入されることになりました。

オンラインショッピングをする時や電子マネーへのチャージを行うときにアプリを使ってワンタイムパスワードを発行して入力する必要があります。利用の度にパスワードが発行されますので、わざわざ覚えておく必要はありません。アプリを持っているあなたにしかわからないのでより防犯性能が高いと言えます。

電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ可能
(ポイント付与対象外)

モバイルSuica、SMART ICOCA、nanacoへのチャージを行うことができますが、ポイントは付与されません。JCB一般カードは、アップルペイへのチャージにも対応しているクレジットカードです。また、ポストペイ型の電子マネーQUICPayを搭載することも可能です。一体型、コイン型、カード型等を選択することができます。もちろん利用金額に応じてポイントが付与されます。

ここはマイナス

基本のポイント還元率は高くない

ポイント還元率0.5%と平凡的な数値となっています。決済額が大きいと損をした気持ちになってしまうかもしれません。年会費無料でも還元率の高いカードはありますので…

しかし、JCBブランドのプロパーカードということでステータス性があり、ポイント優遇制度が充実していることから十分取得するに値するカードだと言えます。また、セキュリティ面の強さや旅行傷害保険等魅力がたくさんあります。

海外での利用は限定される

JCBブランドは国内では最高のステータス性や利便性を誇ります。ただし、海外になると使用できるお店が限定されてしまいます。韓国やハワイ等一部の諸外国では加盟店がありますが、それでもVISAやMasterCardブランドに比べると使用可能店舗は少ないです。

海外に行く予定のある方はVISAやMasterCardブランドのクレジットカードも同時に持っておくと良いでしょう。国内でしか使わないという方にとっては魅力的なカードだと言えます。

比較対象のクレジットカード

JCB CARD W

jcbcardw

2017年末に新規で発行を開始した新しいクレジットカードです。ポイント還元が常時2倍で、還元率は1.0%を超えます。さらに、年会費が永年無料なのでまず一番に検討して欲しいですね。旅行保険も付帯されていますし、スペック的にJCB一般カードの上位互換だと考えて良いでしょう。最短3営業日での発行となりますので、急いでいない方はぜひ検討してくださいね。

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友カードは、VISAブランドとして歴史のあるクレジットカードです。ステータス性も高く人気があります。VISAとJCBの両者で好きなブランドを基準に決めると良いでしょう。ゴールドカードやプラチナカードにステップアップしていくこともできます。発行の早さを重視するのであればJCBに軍配が上がります。

合わせて持ちたいクレジットカード

楽天カード

rakutenmaster

最短3営業日での発行に対応しています。年会費無料×高ポイント還元と言えば楽天カードですね。当サイトの管理人である私もポイント還元率カードが今ほど多くない時に楽天カードを作りました。さすが、元祖と言われるだけあって非常に魅力的な一枚だと思います。楽天市場で買い物をすることがほとんどない私でもメリットがあります。ENEOSなど提携店舗での優遇も嬉しいですね。

オリコカード・ザ・ポイント

Orico Card THE POINT

最短1週間での発行に対応しています。ポイント還元率の高さが魅力のクレジットカードです。常時1.0%と還元で年会費無料となると人気が出るのは必然ですね。さらに、入会後半年はポイントが2倍となります。旅行保険は付帯されていませんが、ポイントだけに焦点を当てると非常に優れたカードだと言えます。


jcbbanner

スペック情報

カード名JCB一般カード
カード発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日
国際ブランドJCB
ポイント還元率0.5%~
年会費1,350円(税込)
ETCカード永年無料
家族カード432円(税込)
海外旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高3,000万円
傷害治療費用最高100万円
疾病治療費用最高100万円
携行品損害最高20円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
国内旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高3,000万円
手術費用設定なし。
入院日額設定なし。
通院日額設定なし。
締め日・支払日公式HP参照
ショッピング保険最高100万円
盗難保険盗難保険あり。

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

TOPページに戻る