アメリカン・エキスプレス・カード



アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが発行しているプロパーカードです。券面デザインが緑色なので通称グリーンカードと呼ばれています。一般カードのように思えますが、スペック的には通常のクレジットカードのゴールドカードに匹敵します。

発行期間は最短1週間です。ただし、審査内容によってはそれ以上の時間が掛かることがあります。余裕を持って申し込むと良いですね。また、審査難易度は10段階で5となります。ステータス性が高く所有する人を選びます。

国内においても使用できる店舗が多くなっていますのでそこまで不便を感じることはないでしょう。アメックスカードには、グリーンカード以外にもゴールド、プラチナ、センチュリオンと上位カードがありますので育てがいがあります。若いうちから実績を積んでおくと将来が楽しみなカードです。20代の方も是非挑戦してみてくださいね。

50秒で理解、カードの概要!
発行期間審査の甘さ年会費マイル還元率付帯サービス
maru
1週間
sankaku
標準的
sankaku
12,960円
maru
0.8%~
nijyuumaru
T&Eカード
アメックスカードの特徴

・コストパフォーマンスの高いアメックスプロパーカード

・家族特約付きの海外旅行傷害保険付帯

・国内及び一部海外の空港ラウンジを無料で利用できる

管理人レビュー

アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスの位置付け的には一般カードです。しかしながら、三井住友VISAゴールドカードやJCBカードゴールドカードに匹敵かそれ以上のスペックを持っています。実質ゴールドカードと考えて良いでしょう。券面デザインが派手なゴールドは持ちにくいという方にも良いですね。アメックスブランドの中でも非常にコスパが高いです。初めてのアメックスブランドにもベストな選択肢だと言えます。お得なクレジットカードを持ちたい方必見です。



当記事のコンテンツ内容

アメリカン・エキスプレス・カードの審査まとめ

審査難易度

審査難易度は10段階で5です。一般カードとして考えるのではなくゴールドカードとして考えると良いですね。アメックスだから年収1,000万円以上で大手企業に勤めていないといけないということはありません。しっかりと働いていれば十分所有することができるでしょう。

属性別おすすめ度

  • 無職☓
  • フリーター☓
  • 学生☓
  • 主婦・専業主婦☓
  • 新社会人○
  • 30代社会人◎
  • 個人事業主・法人代表◎

申込資格は、20歳以上で日本国内に定住所があって、安定した継続収入のある方です。パート、アルバイトの方は申し込みをすることができなくなっています。働き始めて1年以上の新社会人から経験豊富な30代社会人の方まで推奨です。また、ゴールドカードの年会費は少し高いなと感じる個人事業主の方や法人代表者の方にも優れたカードだと言えます。

入会キャンペーン実施中

amexgreencampaign
現在お得な入会キャンペーン実施中です。入会後カードを利用すると最大18,000Pを獲得することができます。入会後1ヶ月以内にカードを3回以上利用すると3,000P、入会後3ヶ月以内に20万円以上利用すると5,000P、入会後6ヶ月以内に50万円以上利用すると5,000Pを獲得できます。また、通常ポイントとして50万円を利用すると5,000Pを獲得できます。50万円利用時のポイント還元率は3.6%還元(マイル交換の場合)となります。

アメリカン・エキスプレス・カードのスペック

年会費

年会費12,960円(税込)となっています。追加カードはETCカード年会費540円、家族カード6,480円です。追加カードの年会費が掛かるのはデメリットだと言えます。しかし、家族カードなら本カードと同じサービスを享受できると考えれば問題ないでしょう。

マイル還元率

カード利用100円ごとに1Pのメンバーシップ・リワードポイントを獲得することができます。年会費3,240円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとANAマイルであれば1P=1マイルに交換することができますので、マイル還元率は1.0%となります。デルタ航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどの航空会社のマイル還元は0.8%です。

ショッピング・プロテクション

年間最大500万円のショッピング保険が付帯されています。海外及び国内での商品購入に対応していて、高額な買い物時に重宝します。

アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ゴールドカードに匹敵する高い旅行保険

ana

最高5,000万円の補償が付く海外旅行傷害保険

家族特約付きの手厚い海外旅行傷害保険が付帯されています。利用付帯となっていますので、旅行代金の決済をアメックスカードで行いましょう。()内は家族特約の補償額です。補償内容は、死亡後遺障害最高5,000万円(最高1,000万円)、傷害疾病治療費用最高100万円(同額)、賠償責任最高3,000万円(同額)、携行品損害最高30万円(同額)、救援者費用最高200万円(同額)です。海外旅行や出張に行く機会の多いビジネスパーソンにぴったりです。

最高5,000万円の補償が付く国内旅行傷害保険

利用付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。死亡後遺障害最高5,000万円、家族特約1,000万円の補償内容となっています。入院・通院保険金及び手術費用に関しては付帯されていません。国内旅行保険については特筆すべき点はないですね。利用頻度が高いわけではないので、それほど気にしなくても良いでしょう。

最高3万円まで返金されるリターンプロテクション付帯

アメックスカードにはリターンプロテクションと呼ばれる保険が付帯されています。購入した商品について、購入した店舗で返品を受け付けてもらえない時に、購入日から90日以内にアメックスに連絡をすることで商品の返品をすることができます。

1商品につき最高3万円、年間最高15万円までが対象となります。動物・植物、閉店セールの商品、全額をカードで支払っていない商品、携帯電話等一部対象外となる商品もあります。他のカード会社にはないアメックスならではの保険だと言えます。安心して買い物を楽しむことができますね。

海外旅行で空港を使う時に便利なサービスあり

アメックスはT&Eとして高い評価を得ているクレジットカードです。海外旅行に非常に強く様々な優待サービスが用意されています。これらのサービスをうまく享受できれば年会費の元は取りやすいですね。

空港ラウンジを無料利用可能

アメックスグリーンカードを持っていれば空港ラウンジを無料で利用することができます。また、任意でVIP空港ラウンジを利用することができるプライオリティパススタンダード会員(年会費99$)になることができます。世界400都市、1000箇所以上ある空港ラウンジが対象となりますので、どこの国に行っても使い勝手が良いです。ラウンジ利用の度に27$を支払うことで利用可能です。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行に行く際に空港と自宅間においてスーツケース1個無料で宅配してくれるサービスです。手ぶらで空港に行ったり、自宅に帰ったりすることができますので便利です。利用時は専用ダイヤルに連絡をして予約をするだけです。利用回数に制限はありません。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発及び帰国時にタクシー会社による空港送迎サービスを格安料金で利用することができます。定額で利用できるので、団体で空港に行く際に是非利用したいサービスだと言えます。

グローバルホットライン

アメックスが提供しているトラベルデスクです。365日24時間通話料無料・日本語でのサポートを受けることができます。クレジトカードの紛失時の再発行手続き、レストランやホテルの予約、日本大使館や領事館の案内等困ったことがあればいつでも相談をすることができます。慣れない海外の生活で非常にありがたいサービスです。

エクスペディア優待

旅行予約サイトであるエクスペディアにおいて優待価格で予約をすることができます。海外ホテル宿泊料金8%OFF、海外ツアー料金3,750円OFFとなります。

アメリカン・エキスプレス・カードの電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ不可
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
アメックスカードは、モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyにチャージをすることができます。ただし、ポイント付与の対象外となっていますのでそれほど電子マネーとの相性は良いとは言えません。電子マネーのチャージでもポイントを貯めたい方は他のカードも合わせて検討すると良いでしょう。

ここはマイナス

アメックスグリーンカードは、非常にコストパフォーマンスの高いカードで人気があります。それほど大きなマイナス点があるカードではないのですが、家族カードの年会費が6,480円と高めに設定されています。

本カードの年会費が12,960円で割安に感じるものの家族カードは少し割高だと言えます。家族カードの発行を考えていないのであれば積極的に検討する価値があります。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードとの比較

 グリーンゴールド
券面アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
年会費12,960円(税込)31,320円(税込)
家族カード年会費6,480円(税込)無料
2枚目以降12,960円(税込)
ETCカード永年無料永年無料
海外旅行保険最高5,000万円最高1億円
国内旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
海外旅行航空便遅延費用保険
ショッピングプロテクション最大500万円最大500万円
リターンプロテクション年間15万円年間15万円
キャンセルプロテクション年間10万円
プライオリティパス都度27$年2回まで無料
比較すると年会費以上の差があるとは思えないほどアメックスグリーンカードが健闘しています。ゴールドカードが高い理由は表には見えないステータス性の高さにあると言っても過言ではありません。スペックの違いで言うと、年会費(家族カード含む)、海外旅行傷害保険、海外旅行航空便遅延費用保険、キャンセルプロテクション、プライオリティパスの中身です。

ただ、これらの差は人によってはあまり感じない方といると思います。あなたの利用環境を考慮して考えることを推奨します。ゴールドカードは、ステータスを象徴する金色の券面デザインなので、どうしてもゴールドのクレジットカードが欲しいという方にとって魅力的でしょう。

比較対象のクレジットカード

比較対象として年会費が近い銀行系のゴールドカードをピックアップしています。アメックスカード同様ステータス性が高くなっています。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友カードが発行しているゴールドカードです。対象資格は30歳以上からとなっています。審査難易度が非常に高くなっています。VISAブランドの代表的なクレジットカードで海外でも活躍すること間違いなしです。なお、20代の方は三井住友VISAプライムゴールドカードを検討すると良いでしょう。

JCB GOLD CARD

JCBゴールド

ジェイシービーが発行しているプロパーのゴールドカードです。最短当日発行に対応しているのがうれしいですね。ステータス性も高く長く使用することができます。20代の方はJCB GOLD EXTAGEを検討刷ると良いでしょう。年会費が3,240円と優遇されているにも関わらずスペックは本家と変わりありません。

MUFGゴールドカードプレステージ

MUFGカードゴールドプレステージ

MUFG発行のゴールドカードです。年会費10,800円と一般的な数値になっています。魅力は銀行系カードで高いステータス性があること手厚い海外旅行傷害保険が付帯されていることです。ただし、上記の二枚に比べると知名度は少し劣ります。


スペック情報

カード名アメリカン・エキスプレス・カード
カード発行会社American Express International, Inc.
発行期間最短1週間
国際ブランドAmerican Express
ポイント還元率0.4%~
年会費12,960円(税込)
ETCカード永年無料
家族カード6,480円(税込)
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
締め日・支払日入会時にお知らせ。
ショッピング保険年間最大500万円
盗難保険盗難保険あり。

あなたに合うカードを探す

様々なカードの特徴を比較

カードの特徴を徹底的に比較して紹介しています。年会費無料、高ポイント還元率、審査が甘いといったカテゴリーがユーザーに人気があります。

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

属性とは、学生・新社会人・主婦等の社会的に認知されているステータスのことです。合わせて参考にしてくださいね。

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

人気のカードをチェックする

最新のクレジットカードおすすめランキング

即日発行ができるおすすめクレジットカードランキング