tokyovisagold


東京VISAゴールドカードは、株式会社東京クレジットサービスによって発行されているクレジットカードです。東京クレジットカードサービスは三菱UFJ銀行グループの企業ですが、設立当初三井住友カードグループの加盟会社であったこともありスペック的に三井住友カードと共通している部分が多いです。

最短3週間での発行に対応しています。やや発行までに時間が掛かってしまうため余裕をもって申込みを行いましょう。審査難易度は10段階で6です。ゴールドカードとしては平均程度です。初めて作成するには不向きかもしれません。積極的に作成する理由がないのであれば比較対象のカードと合わせて検討してくださいね。

当記事のコンテンツ内容

最短3週間発行-東京VISAゴールドカード申込みから発行まで

  1. 東京クレジットサービスの公式サイトから東京VISAゴールドカードの申込みを行う

    会員規約の確認などを行いましょう。事前にキャッシュカードなど引き落としに使う口座番号がわかるものを手元に置いておくとスムーズです。

  2. 名前、住所、年収、勤務先など審査に必要な情報を入力する

    記入漏れやミスがないように慎重に行いましょう。ミスがあると審査に落ちてしまう可能性もあります。

  3. オンラインでお支払い口座の設定を行う

    インターネットで支払い口座の設定を行っておくと楽です。支払口座の設定をしない場合は郵送される口座振替申込書を返送する必要があります。

  4. 審査通過後クレジットカードが発行される

    自宅あるいは勤務先でカードを受け取ります。簡易書留で届けられます。

東京VISAゴールドカードの審査まとめ

審査難易度

当該カードの審査難易度は10段階で6です。ゴールドカードとして見ると審査ハードルは平均程度です。それでも銀行系やプロパーカードと比較すると作成しやすいと言えます。同じクラスのクレジットカードとしては、「dカードゴールド」、「横浜バンクカードゴールド」、「NTTグループカードゴールド」などが挙げられます。審査が不安な方は下位の一般カードを作成して実績を積むと良いですね。

審査対象

  • 無職×
  • フリーター△
  • 未成年×
  • 学生△
  • 主婦・専業主婦○
  • 新社会人×
  • 30代社会人○
  • 個人事業主・法人代表○
  • シニア○

申込資格は原則として満30歳以上の安定した収入のある方です。学生の方でも資格を満たせば申込みが可能です。おすすめの層としては海外に行くことの多いビジネスパーソンです。経営者の方やシニアの方にもおすすめしやすいです。ただし、当該カード以外にも優れたカードはありますので、十分比較検討されることを推奨します。

東京VISAゴールドカードの基本スペック

年会費

年会費は10,000円+税とゴールドカードとしては平均的な水準です。家族会員は一人目は年会費無料、二人目からは1,000円+税が掛かります。ETCカードは無料で持つことができます。

ポイント還元率

基本ポイント還元率は0.5%です。カード利用1,000円ごとに1Pのワールドプレゼントポイントが貯まります。ワールドプレゼントポイントは三井住友カードで採用されているポイントシステムです。

ポイントの有効期限はポイント獲得月から2年間となっています。貯めたポイントは、景品に交換したり、マイル・各種金券・他社ポイントに交換したりして使用できます。使いみちも豊富で使い勝手の良いポイントだと考えて良いでしょう。

国際ブランド

選択できる国際ブランドはVISAのみとなっています。VISAは国内だけではなく海外での利便性も高く定番の国際ブランドだと言えます。海外でも積極的にクレジットカードを使いたいと考えている方に最適です。VISAもMasterCardもまだ所有されていない方は作成する価値があると思います。

ショッピング保険

年間最高300万円のお買い物安心保険(ショッピング保険)が付帯されています。国内外を問わず購入した商品について、破損・盗難・火災などの偶然な事故によって損害を被った場合に保険金を受け取ることができます。高額な買い物をする予定のある方にも嬉しい保険だと思います。

なお、保険金の支払い時にはカードご利用控えあるいは購入店の領収書に記載された商品の購入金額から自己負担額を控除した金額が補償されます。つまり、プレミアなどによって付加価値が生じたとしてもその分は補償されません。1事故あたりの自己負担額は3,000円となっています。

東京VISAゴールドカードの特徴と強み

ポイントを効率良く貯められる仕組みがある

ボーナスポイント

tokyovisabonus
年間のカード利用額に応じてボーナスポイントを獲得できます。最大60%アップでポイント還元率は0.8%まで引き上げられます。カード利用50万円以上100万円未満で翌年50万円利用時100P(以降10万円ごとに20P)、100万円以上300万円未満で150P(以降10万円ごとに30P)、300万円以上で300P(以降10万円ごとに60P)となります。それぞれのポイント還元率は0.6%、0.65%、0.8%です。

ココイコ!

事前にエントリーをして街でカードを利用するとポイントやキャッシュバックなどの特典が獲得できるサービスです。お得に買物ができるサービスとなっています。対象店舗には、ビックカメラ・東急ハンズ・紀伊國屋書店・高島屋・かっぱ寿司などジャンルは多岐にわたります。買い物頻度の高いお店があるかどうか事前に確認しておくと良いかもしれません。

ポイントUPモール

ポイントUPモールは三井住友カードが運営するオンラインモールです。当該カードは東京クレジットサービスが発行するクレジットカードですが、歴史的背景もあって一部のサービスを共有しています。いつものネットショッピングでポイントの優遇を受けられます。獲得できるポイントは最大20倍となりますが、ユーザーの多くが利用するお店の還元率2~3倍であることを理解しておきましょう。

ショップ例として楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピング・ベルメゾン・ユニクロ・ビックカメラ.comなどが挙げられます。よく利用するECサイトがあるのであれば積極的に活用すると良いですね。より効率的にポイントを貯めることができます。

年会費の優遇制度がある

当該カードは年会費の優遇制度が充実しています。まず、インターネットから入会すれば初年度の年会費が無料になります。2年目以降も条件を満たすことで4,000円+税まで引き下げることが可能です。まず、マイ・ペイすリボへの登録及び利用で翌年度の年会費が半額の5,000円+税になります。

さらに、カードご利用代金WEB明細サービスの利用で翌年度年会費1,000円+税が割引になります。合計6,000円+税の年会費割引が受けられるということです。カードの作成を検討されている方は必ず年会費優遇制度を利用しましょう。ゴールドカードが4,000円で所有できるのは大きなメリットだと言えます。

各種旅行保険

海外旅行傷害保険

補償内容補償額家族特約
死亡後遺障害最高5,000万円最高1.000万円
疾病治療費用最高300万円最高200万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
個人賠償責任最高5,000万円最高2,000万円
携行品損害年間50万円年間50万円
救援者費用最高500万円最高200万円

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。さらに、家族特約付きですのでご家族の方の保険加入を考えている方にもおすすめです。なお、死亡後遺障害保険については自動付帯分1,000万円、利用付帯分4,000万円となっています。怪我や病気の治療費用が最高300万円と補償額が大きくなっています。最も使う可能性の高い補償なのでチェックしておきたいですね。

国内旅行傷害保険

自動付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。こちらは家族特約は付いていません。補償の内訳は死亡後遺障害最高5,000万円(自動付帯分1,000万円)、入院日額5,000円、通院日額2,000円、手術費用最高20万円です。補償の対象となるのは公共交通乗用具搭乗中の事故やパッケージツアー参加中の事故などです。海外旅行保険に比べると対象範囲は限定的です。

ドクターコール24

ドクターコール24は24時間365日利用できる健康110番です。国内からの相談のみが対象となっています。怪我や病気、健康上の不安などがあれば医師・看護師・保健師などの専門スタッフに相談することができます。すべて無料で利用できるのが嬉しいですね。例えば、赤ちゃんやお子様の健康状態に不安があるという方や偏頭痛がひどくて困っているという方など活用方法は様々です。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港及びハワイ・ホノルル空港ラウンジを無料で利用することができます。成田国際空港、羽田空港、関西国際空港など首都圏の空港だけではなく新千歳空港や福岡空港といった地方の空港ラウンジも対象です。搭乗前の時間を潰すのに最適な場所だと思います。なお、ご利用の際は受付で東京VISAゴールドカード及び当日の搭乗券を提示する必要があります。

外貨キャッシュ購入レート優遇サービス

worldcurrency画像引用元:https://www.atre.co.jp/

東京クレジットサービスが運営する外貨両替専門店である「ワールドカレンシーショップ」で外貨を購入すると優遇レートが適用されます。一般カードだとアメリカドルとユーロのみが対象ですが、ゴールドカードになるとカナダドル、イギリスポンド、オーストラリアドル、韓国ウォン、中国元など13通貨まで対象が広がります。海外出張が多い方にとって非常にメリットの大きい優待だと言えます。

電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
東京VISAゴールドカードは、電子マネーとの相性が良いカードではありません。モバイルSuicaやSMART ICOCAなど主要な電子マネーにチャージを行うことができますが、全てポイント付与の対象外となってしまいます。電子マネーを普段の買い物で利用するメリットの一つがポイントの二重取り(チャージ時と使用時)でしょう。そう考えると積極的に使う理由がありませんね。

三井住友VISAゴールドカードとの比較

 東京VISAゴールドカード三井住友VISAゴールド
券面tokyovisagold三井住友VISAゴールドカード
申込資格30歳以上で
安定収入のある方
30歳以上で
安定収入のある方
発行元東京クレジットサービス三井住友銀行
審査難易度6068
ステータスCB
発行期間最短3週間最短3営業日
年会費10,000円10,000円
初年度年会費無料無料
追加カード無料500円
ポイント還元率
0.5%0.5%
ボーナスポイント0.80%0.80%
ポイント有効期限2年3年
海外旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
ショッピング保険年間300万円年間300万円
ドクターコール24
外貨レート優遇×
空港ラウンジ
公式公式公式
詳細当ページ詳細
三井住友VISAゴールドカードと非常にスペックが似ています。それは東京クレジットサービスが過去に三井住友カードと関係があったためです。発行期間や審査難易度・ステータスに違いはあるものの年会費の優遇制度など含めてほぼ同じです。優待サービスで異なるのはワールドカレンシーショップでの両替時の外貨レート優遇です。これは東京クレジットサービスが運営するショップだからこそできる技ですね。

東京VISAゴールドカードのここはマイナス

付帯サービスが三井住友VISAカードと酷似している

前の項目で解説したとおり東京VISAゴールドカードは、三井住友VISAゴールドカードとスペック及び付帯サービスが酷似しています。東京クレジットサービスの背景を知るとそこは必然です。

発行期間など三井住友カードに劣っている部分もあります。東京VISAゴールドカードが優れているのはワールドカレンシーショップでの外貨レートの優遇です。海外に行くことの多い方であれば検討する価値があります。

知名度はほとんどなくステータスは期待できない

東京VISAゴールドカードは知名度の低いゴールドカードです。知らない方がほとんどではないかと思います。これならスペックがほぼ同じで知名度・ステータスの高い三井住友VISAゴールドカードを選択する方が良いかもしれません。三井住友カードならクレジットカードについて詳しくない方にも知られているクレジットカードだと思います。

比較対象のクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最短1週間での発行に対応しています。アメックスのプロパーカードです。立ち位置的には一般カードですが、年会費や付帯サービスを見るとゴールドカードに匹敵することがわかります。マイル還元率が高くマイルを貯めたい方におすすめです。海外旅行保険などの保険サービスも充実しています。

JCBゴールド

JCBゴールド

最短当日発行に対応しています。ジェイシービーが発行するプロパーカードでステータスの高い一枚です。JCBプラチナカード→JCB THE CLASSとステップアップができるため育てがいがあります。ポイントの優遇制度があったり、空港ラウンジサービスが利用できたりと付帯サービスも魅力的です。JCBゴールドカード会員専用デスクはユーザーからの評価が高いサービスとなっています。

三井住友トラストVISAゴールドカード

mitsuitrustgold

最短2週間での発行に対応しています。三井住友信託銀行が発行するゴールドカードです。三井住友VISAゴールドカードに非常に似ています。同じ三井住友銀行グループなので当然と言えば当然ですね。大きな違いは発行期間が長いこととポイントの有効期限が2年と短いことです。知名度などを考慮しても三井住友VISAゴールドカードが優勢です。三井住友信託銀行との取引がある方向けです。

スペック情報

カード名東京VISAゴールドカード
カード発行会社株式会社東京クレジットサービス
発行期間3週間
国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
年会費10,000円+税
ETCカード永年無料
家族カード永年無料
海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円
締め日/支払日毎月15日締め/翌月10日払い
ショッピング保険年間300万円

合わせて読みたい記事一覧

最新のおすすめクレジットカードランキング

総合クレジットカードランキングを紹介。また、総合ランキングとは別に審査が甘い、VSIAプロパー、ショッピングなどカテゴリーごとのランキングもまとめています。人気のカードを知りたいとう方は要チェックです。

クレジットカード審査難易度ランキング

250券種以上のクレジットカードの審査難易度ランキングをまとめています。クレジットカードの取得難易度、ステータスなどを知りたい方必見です。読み物としてもおもしろいと思います。

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

人気の即日発行対応カードをチェック!