jcbplatinum



JCBプラチナカードは、株式会社ジェーシービーによって発行されているクレジットカードです。2017年10月に新しく登場したジェイシービーのプロパープラチナカードです。高いステータス性とサービスが魅力の一枚となっています。

最短3営業日での発行に対応しています。直接申し込みができるプラチナカードです。欲しいと思ったらすぐに申し込んでみると良いですね。ブラックカードである「JCB THE CLASS」の招待を獲得するのに最も近いカードです。

審査難易度は10段階で9です。難易度の高さはそのままこのカードのステータス性の高さを表しています。国内では圧倒的なステータスを誇ります。

50秒で理解、JCBプラチナカード!!

jcbplatinum

発行期間審査の甘さ年会費ポイント還元率付帯サービス
maru
最短3営業日
batu
厳しい
sankaku
27,000円
maru
0.5%~
nijyuumaru
優秀
JCB CARD Wの特徴

・高いステータス性を誇るプラチナカード

・手厚い旅行傷害保険付帯

・プライオリティパスを所有可能

管理人レビュー

ステータス性の高い一枚となっています。JCB THE CLASSとJCB CARD THE PREMIERの間のカードだと言えます。JCB THE CLASSを目指している方必見です。年会費が27,000円とプラチナカードにしては格安でコスパが高いです。


手厚い海外・国内旅行傷害保険が付帯されていたり、プライオリティパスを発行できたりと出張や旅行で海外に行くことが多い方にはメリットが大きいです。ただし、JCBブランドは海外では加盟店舗が少ないので注意が必要です。


最短3営業日発行-JCBプラチナカードの申込みから受取りまで

  1. JCBプラチナカードの公式ホームページから申し込みを行います。

    名前、住所、電話番号、勤務先などの基本的な情報を入力します。

  2. オンラインで支払口座の設定を行いましょう。

    オンラインで手続きを完了させるとスピーディーにカード受け取りができます。

  3. 審査通過後、カードが発行されますので自宅で受け取ります。

    申し込みからおよそ3営業日での発行、1週間での受け取りができます。

インターネットで支払口座の設定ができる金融機関一覧

オンラインで支払い口座の設定ができる金融機関をまとめています。詳細は公式サイトを確認してくださいね。

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行など

JCBプラチナカードの審査まとめ

審査対象とおすすめの属性

無職×未成年×フリーター△
学生×主婦・専業主婦△新社会人○
30代社会人○シニア◎経営者◎
申込資格は、25歳以上で安定継続収入のある方です。JCB CARD GOLDよりも審査難易度は高めです。無職・未成年・学生・専業主婦の方は申し込み不可となっています。

アルバイト・派遣社員・契約社員の方でも申し込みをすることができますが、正社員の方が望ましいでしょう。経営者の方にもぴったりです。

審査通過のコツ

JCBプラチナカードは非常に審査難易度の高いクレジットカードです。どうしても審査に通過したいという方は下位カードであるJCB CARD GOLDあるいはJCB ORIGINAL SERIESなどで実績を作ると良いですね。

ちなみに一般カードでよく言われるキャッシング枠を0にするという手段はこのクラスになるとそれほど意味をなしません。小手先のテクニックに頼るよりは確実なクレヒスと属性にこだわるべきです。

キャンペーン情報

jcbcampaign
2017年3月31日(土)まで期間限定でキャンペーンが実施されています。最大14,000円分のJCBギフトカード及びキャッシュバックを受けることができます。

キャンペーンの詳細は下記の通りです。

キャンペーン詳細

  • 新規入会で5,000円分のJCBギフトカード獲得
  • 家族カード発行で最大2,000円分のJCBギフトカード獲得
  • 家族カード1枚発行につき1,000円分獲得することができます。最大2名までが対象です。

  • 友達紹介で最大5,000円分のJCBギフトカード獲得
  • 友人紹介一人につき1,000円分獲得することができます。最大5名まで紹介することができます。

  • 支払い名人新規登録及び利用でもれなく2,000円キャッシュバック

JCBプラチナカードの基本スペック

カード名JCBプラチナカード
カード発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日
国際ブランドJCB
ポイント還元率0.5%~
年会費27,000円
ETCカード永年無料
家族カード永年無料
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高1億円
締め日・支払日公式HP参照
ショッピング保険最高500万円
JCBプラチナカードは、年会費27,000円で所有することができるオトクなプラチナカードです。同スペックのプラチナカードと比較しても非常にコストパフォーマンスが良い一枚だと言えます。

また、家族カードも1枚まで無料で発行することができますので、結婚されている方にとって魅力的なカードです。コスパ重視の方にもJCB THE CLASSを目指す方にもぴったりだと思います。

年間最大500万円のショッピングガード保険(ショッピング保険)が付帯されています。JCBプラチナカードで購入した商品について、購入後90日以内に偶然の事故によって損害を被った場合に保険金が支払われます。

家電等高額な買い物をする時に重宝する保険となっています。ただし、船舶・自動車・原付き・自転車、コンタクトレンズ、動物・植物、現金・有価証券・乗車券、携帯電話、食料品等一部対象外の商品がありますので注意が必要です。

JCBプラチナカードの特徴

ポイント優遇制度が充実

JCBプラチナカードは、カード利用1,000円ごとに1PのOkiDokiポイントが貯まります。1P=5円相当なので、ポイント還元率は0.5%となります。ポイントの有効期限は5年間と余裕があります。

通常の還元率は平凡ですが、いくつかの優待が用意されています。うまく活用することで還元率を引き上げることができます。

JCB STAR MEMBERS
年間利用額
(ステージ)
ザ・プレミア
プラチナ
ザ・クラス
ゴールド
30万円以上
(スターe PLUS)
20%UP
(0.60%)
10%UP
(0.55%)
50万円以上
(スターβ PLUS)
30%UP
(0.65%)
20%UP
(0.60%)
100万円以上
(スターα PLUS)
60%UP
(0.80%)
50%UP
(0.75%)
300万円以上
(ロイヤルα PLUS)
70%UP
(0.85%)
60%UP
(0.80%)

JCBプラチナカードは、「JCB STAR MEMBERS」が適用されます。年間のカード利用額に応じて翌年度のポイント還元率がアップします。対象期間は12月16日~翌年12月15日です。

年間カード利用額30万円以上でポイント20%UP(還元率0.60%)、50万円以上利用でポイント30%UP(還元率0.65%)、100万円以上利用でポイント60%UP(還元率0.80%)、300万円以上利用でポイント70%UP(還元率0.85%)です。

最大0.85%まで引き上げることが可能です。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー

JCB ORIGINAL SERIESのパートナー店舗でカードを利用するとポイントの優遇を受けることができます。対象店舗には、セブンイレブン、イトーヨカドー、スターバックス、Amazon.co.jp、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル、THE BODY SHOP、ヒューマンアカデミー、アート引越センター等が挙げられます。

手厚い旅行保険&航空機遅延保険付帯

ana
JCBプラチナカードには非常に手厚い旅行傷害保険が付帯されています。他のプラチナカードとくらべても頭一つ抜き出ています。

海外旅行傷害保険

自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。所有しているだけで保険が適用されるのは嬉しいですね。補償内容は下記の通りです。()内は家族特約の補償です。

死亡後遺障害最高1億円(1,000万円)、疾病傷害治療費用最高1,000万円(200万円)、救援者費用最高1,000万円(200万円)、賠償責任最高1億円(2,000万円)、携行品損害最高100万円(50万円)です。

ケガや病気の治療に充てることができる疾病傷害治療費用が最高1,000万円と非常に高額になっています。他のプラチナカードを見てもこれほど高い補償が付帯されているクレジットカードはほとんどありません。海外では治療費が高額になりがちなので、非常に使い勝手の良い保険だと言えます。

国内旅行傷害保険

自動付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。保険が適用となるのは、公共交通乗用具搭乗中、旅館・ホテルに宿泊中の火災等、宿泊を伴うツアーに参加中の方となります。

補償内容は、死亡後遺障害最高1億円、手術費用最高20万円、入院日額5,000円、通院日額2,000円です。

海外・国内航空機遅延保険

海外及び国内旅行で飛行機を利用する際に、飛行機の遅延や手荷物の紛失時に補償を受け取ることができる保険が付帯されています。

プラチナカード等上位のカードにしか付帯されていない珍しい保険です。乗継遅延費用最高2万円、出航遅延費用最高2万円、預託手荷物遅延費用最高2万円、預託手荷物紛失費用最高4万円です。

プライオリティパス

jcbairportlounge
世界中のVIP空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティパスを所有することができます。最上級のプレステージ会員に無料入会できます。

通常年会費399$(約43,000円)となっていますのでそのお得度はわかりやすいと思います。130カ国、約1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できます。

海外旅行や出張で空港を利用する際にゆっくりとした時間を過ごすことができます。ラウンジには軽食、アルコール、Wi-Fi等が揃っていますので飛行機搭乗まで暇を持て余すことはありません。

また、上記のプライオリティパスとは別に国内の主要空港のラウンジも無料で利用できます。同伴者1人まで無料ですので、家族・恋人・友人との旅行でも重宝しますね。

USJのJCB LOUNGEを利用できる

usj画像引用元:https://www.usj.co.jp/(USJ公式)

USJ内にあるJCB LOUNGEを無料で利用することができます。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンジュラシックパークのアトラクションである「ザ・フライング・ダイナソー」内に設置されています。

ドリンクが無料で提供されていて休憩をすることもできます。特に暑い夏に重宝しますね。

利用するには事前にメンバーデスクに連絡をして招待券を請求する必要があります。年に1度だけ請求することができます。ラウンジ利用権の送付には最長10日程掛かりますので、余裕を持って申し込みを行う必要があります。

その他の付帯サービス

コンシェルジュ

jcbconcierge
24時間365日利用できるプラチナ会員専用のコンシェルジュデスクが用意されています。ホテルやレストランの予約、ツアーやゴルフ場の予約、コンサートチケットの手配等を様々な依頼をすることができます。秘書のようになんでも相談することができるので、忙しいビジネスパーソンの心強いパートナーとなります。

JCB LOUNGE京都を利用できる

京都駅にあるJCB LOUNGEを無料で利用することができます。フリードリンクを飲んだり、手荷物を預けたりして時間を過ごすことができます。

新幹線に乗るまでの時間を有意義に過ごしたり、環境を変えて仕事をしたりすることができます。年中無休で10時から18:00まで利用することができます。同伴者も1名まで無料利用できるのがありがたいですね。

レストランでの優待

jcbgourmet
JCBプラチナカードには、レストランでの優待が用意されています。デートやビジネスでの接待で利用することができます。

グルメベネフィット

一流レストランで所定のコースメニューを2名様以上で利用すると、1名様分の料理が無料になる優待です。

ダイニング30

日本各地の対象店舗で、合計金額あるいはコース代金から30%割引される優待です。

JCBプレミアムステイプラン

JCBプラチナカードには、「プレミアムステイプラン」というホテルや旅館での優待を受けることができるサービスを利用できます。

ホテルオークラ東京ベイ、ザ・ペニンシュラ東京、帝国ホテル東京、マンダリンオリエンタル東京、グランドハイアット東京、ザ・リッツ・カールトン東京等一流のホテルが参加しています。スイートルームを通常価格よりもお得に利用することができます。

電子マネーとの相性

電子マネー種類対応
モバイルSuica
suica
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
PASMO
pasmo
チャージ不可
SMART ICOCA
smarticoca
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
nanaco
nanaco
チャージ可能
(ポイント付与対象外)
WAON
waon
チャージ不可
楽天Edy
rakutenedy
チャージ不可

JCBプラチナは、モバイルSuica、SMART ICOCA、nanacoにチャージをすることができます。しかし、チャージをしてもOkiDokiポイントは貯まりませんので、チャージ目的で所有するメリットはありません。

後払い型でチャージ不要の電子マネーであるQUICPayを利用することができます。利用金額に応じてOkiDokiポイントが付与されますので、電子マネーを利用したい方はQUICPayを利用すると良いでしょう。

ここはマイナス

審査難易度が高い

審査難易度は10段階で9とクレジットカード全体の中でもトップクラスの難易度を誇ります。申込資格自体は年齢ぐらいしかありませんが、年収600万円以上あるのが好ましいでしょう。

もし、審査通過の自信がなければ、JCB CARD GOLDで実績を積んでから申込むというのも一つの方法です。

海外でのステータスはそれほど高くない

JCBプラチナカードは国内では高いステータスを持っています。それはJCBが国内発祥の国際ブランドだということに起因します。その中でもJCBプラチナカードはJCB THE CLASSに次ぐステータスカードです。

しかしながら、海外ではそれほど知名度が高いわけではありません。また、海外で使用できるお店の数もVISA、American Express等他の国際ブランドと比べると劣ります。海外での利用を考えている方は他の国際ブランドのカードも合わせて持つと良いでしょう。

JCB THE CLASSとの比較

 JCBプラチナ
JCB THE CLASS
画像jcbplatinumJCB THE CLASS
申込方法WEB招待
年会費27,000円54,000円
JCB Lounge京都
プライオリティパス
メンバーズセレクション×
ディズニーリゾート
JCBラウンジ
×
USJ
JCBラウンジ
海外旅行保険最高1億円最高1億円
国内旅行保険最高1億円最高1億円
ゴルファー保険×
詳細当ページ詳細
公式HP公式HP公式HP
JCBプラチナカードの上位カードであるJCB THE CLASSとの比較表を作成しました。まずJCB THE CLASSは招待性を採用しているためプラチナカードのように直接申し込みを行うことはできません。

年会費は、JCBプラチナが27,000円でJCB THE CLASSは54,000円となっています。この年会費の違いに付帯されているサービスの違いがあります。

大きな違いはメンバーズセレクションの有無です。これは年に1回様々な商品の中から好きなものを選択することができるサービスです。東京ディズニーリゾートのチケット及び食事券や一流ホテル宿泊券等豪華な商品が揃っています。25,000円程度の価値のあるものですので、年会費の半分はこれだけで取ることができます。

また、ディズニリゾートのJCBラウンジを利用できるのはTHE CLASSホルダーのみです。USJ JCBラウンジの利用に関してはプラチナカードでも利用可能です。

また、海外・国内旅行傷害保険共に同じ補償内容となっています。この点に関して言えばJCBプラチナカードのコスパが高いと言えます。

最後にゴルファー保険はJCB THE CLASSのみに付帯されている保険です。ゴルフプレイ中のケガやホールインワンが出た時に保険金を受け取ることができます。

比較対象のクレジットカード

比較対象として他のカード発行会社が発行するプラチナカードをピックアップしています。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード

三井住友カードが発行する最上位カードです。最短1週間での発行に対応しています。国際ブランドはVISAあるいはMasterCardから選択することができます。年間のカード利用額に応じてボーナスを獲得することができ、ステータスカードとしては貴重な高還元カードとなります。

MUFGプラチナアメックス

MUFGプラチナアメックス

三菱UFJニコスが発行するプラチナカードです。最短3営業日での発行に対応しています。年会費21,600円とリーズナブルです。この年会費でプライオリティパスを所有することができるのは嬉しいですね。家族特約付きの海外旅行保険が付帯されています。


JCBプラチナカードの特徴まとめ

JCBプラチナカードは、2017年秋に新しく発行されたクレジットカードです。JCB CARD GOLDとJCB THE CLASSの間に位置する一枚です。

年会費27,000円とプラチナカードにしては抑えられているのが魅力です。この年会費でプライオリティパスを所有することができます。

また、海外旅行保険も手厚くなっています。ケガや病気の治療費用は最高1,000万円とプラチナカード以上の補償内容となっています。

将来JCB THE CLASSを持ちたいという方は是非挑戦してみてほしいですね。

公式動画


JCBプラチナカードの特徴をざっと把握したいという方は公式動画を観てみてくださいね。コンシェルジュデスク、グルメベネフィット等付帯されているサービスがわかりやすく紹介されています。

スペック情報

カード名JCBプラチナカード
カード発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日
国際ブランドJCB
ポイント還元率0.5%~
年会費27,000円
ETCカード永年無料
家族カード永年無料
海外旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高1億円
傷害治療費用最高1,000万円
疾病治療費用最高1,000万円
携行品損害最高100万円
賠償責任最高1億円
救援者費用最高1,000万円
国内旅行傷害保険死亡・後遺傷害最高1億円
手術費用最高20万円
入院日額5,000円
通院日額2,000円
締め日・支払日公式HP参照
ショッピング保険最高500万円
盗難保険盗難保険あり。