kokusaibrand当ページでは、国際ブランド別のおすすめ即日発行クレジットカードについて解説しています。国際ブランドを基準に選びたい方はぜひ参考にしてくださいね。

即日発行ならVISA、MasterCard、AMEXがおすすめ!
発行の早さで決めるのであれば、VISA、Mastercard、American Expressが最善の選択となります。WEB申し込み→店頭受け取りの流れができています。

JCBは独自審査の関係で少し時間がかかりますが、WEB申し込みで最短当日発行・郵送で翌日受け取りができるようになりました。アメックスは提携カードのみ即日発行に対応、ダイナースは即日発行対応カードはありません。

国際ブランドの基本知識

現在、主要な国際ブランドは7種類あります。VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、Discover、銀聯です。VISA、MasterCard、JCBブランドに関してはすでに知っているという方も多いと思います。AMEXおよびDinersに関しては高いステータスがあるという認識があるでしょう。一方、中国発祥のブランドである銀聯やアメリカ発祥のブランドであるディスカバーブランドはそれぞれの国で高い認知度を誇ります。日本国内での知名度は高くありませんね。

VISAとMastercardは、決済カードとして認識され、その他JCB、AMEX、DinersはT&Eとして区別され旅行やエンターテインメントに力を入れているクレジットカードとなります。また、VISAとMastercardにはプロパーカードがありませんが、JCB、AMEX、Dinersにはプロパーカードがあります。

プロパーカードとは、国際ブランド自体が発行しているクレジットカードでステータス性が高いといわれています。一方、提携カードと呼ばれるクレジットカードは国際ブランドが他の会社と提携して発行されるクレジットカードでステータス性よりも特定店舗での割引や特典に力を入れています。

決済ブランドであるVISAとMasterCard

決済ブランドは、元々決済システムを導入することを目的に作られたブランドです。付帯サービスよりも決済の安定性を重視しています。現在はホテルやレストラン等の優待サービスも充実してきているので、後述のT&Eと変わらない面もあります。

VISA(ビザ)

VISAVISAは世界中で加盟店舗数が多く、発行枚数が多い国際ブランドとなっています。どの国際ブランドが良いのか悩んだ時はVISAを選択すれば良いでしょう。決済システムとして信頼性が高くなっていて、どこの国でも使用することが可能です。

VISAブランドの代表カード

VISA概要
VISAブランドと言えば三井住友VISAカードを挙げないわけにはいきません。日本国内ではVISA=三井住友VISAカードと圧倒的な地位を確立しています。ステータス性も高く人気があります。

エポスカードとセゾンカードインターナショナルは即日発行に対応しています。それぞれ対応店舗で即日受け取りをすることができます。

エポスカードは、マルイや街中でのショッピングで優待を受けることができるカードです。セゾンカードインターナショナルは、西友・LIVIN・サニーなどで優待を受けることができます。

Mastercard(マスターカード)

VISAMastercardは、VISA同様規模の大きい国際ブランドの一つです。国内・海外に限らず加盟店舗数が多く、使用の上で困ることはないでしょう。決済カードの代表格として安心できるサービスが特徴となっています。VISAかMastercardどちらか一枚は持っておきたいところですね。

Mastercardブランドの代表カード

MasterCard概要
アコムACマスターカードは、最短即日発行に対応しているクレジットカードです。即日受け取りができるむじんくんが全国にありますので非常に作成しやすい一枚となっています。審査も柔軟に行われますので、他のカード審査に落ちた方でも申し込みをすることが可能です。

楽天カードは、最短3営業日での発行に対応しています。基本ポイント還元率1.0%、楽天グループでの利用では2.0%以上と高い還元率を誇ります。老若男女を問わず人気がある一枚です。

ライフカードは、最短3営業日での発行に対応しています。年会費無料の人気カードです。誕生月ポイント3倍、ポイント還元率1.5%が魅力の一枚です。

T&EカードであるJCB、AMEX、Diners

JCB(ジェイシービー)

jcbJCBは唯一日本国内で発祥した国際ブランドとなっています。日本人のために発足した国際ブランドといえるので、日本人にしっくりくるサービスを提供しています。T&Eカードとしてステータス性が高くなっています。また、東京ディズニーランドの公式スポンサーになっているので様々な特典を受けることができます。

日本国内では利用できる店舗がかなり増えてきているので使えなくて困るということはあまりないでしょう。海外でのアジア圏やハワイ等日本人観光客が多い国では比較的使用できるようになっています。日本人なら是非一枚持っておきたい国際ブランドとなっています。

JCBブランドの代表カード

JCB概要
JCB ORIGINAL SERISは、最短当日発行に対応しているクレジットカードです。店頭での受け取りではなく、郵送での発行となっています。早ければ翌日に受け取ることが可能です。ジェイシービーのプロパーカードで高いステータス性があります。将来ブラックカードを所有することも可能です。

JCB EITカードは、最短3営業日での発行に対応しているクレジットカードです。年会費無料の人気カードです。主婦や学生の方にも人気があります。基本ポイント還元率1.0%以上、自動付帯の海外旅行傷害保険が魅力です。

セゾンカードインターナショナルは、最短即日発行に対応しています。全国のセゾンカードカウンターで受け取ることができます。当該カードは、JCBブランド以外にもVISAやMasterCardブランドを選択することも可能です。

American Express(アメリカンエキスプレス)

amexアメックスブランドはT&Eの代表的クレジットカードとなっています。古代ローマの百人隊長をモチーフにした「センチュリオン」が目を惹きますね。一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと年収や属性に合わせて選択することができます。

やはりステータス性の高さは健在で特にプラチナカードになると誰でも簡単に持てるというものではありません。審査は厳しめだと言われています。ホテル、旅行に強みがあり、上位カードの場合部屋のアップグレードが行われることがあります。

アメックスブランドの代表カード

American Express概要
アメリカンエキスプレスゴールドカードは、アメックスのプロパーカードです。最短1週間での発行に対応しています。金色に輝くデザインがステータス性を象徴しています。手厚い海外旅行傷害保険が魅力的です。

セゾンパールアメリカンエキスプレスは、セゾンとアメックスとの提携によって発行されているクレジットカードです。最短即日発行に対応していて、全国のセゾンカードカウンターで受け取ることができます。西友やLIVINで優待を受けることができます。

Diners Club(ダイナースクラブ)

dinersclubダイナースクラブカードは世界で初めて発行されたクレジットカードです。ステータス性はアメックスと同等以上だと言われています。発行されているクレジットカードはダイナースクラブカードとダイナースプレミアムカードの2種類となっていて後者はブラックカードとして位置づけされています。

ダイナースが生まれた起源にもなっているように今でもダイニングサービスに力を入れています。2名様以上で対象店舗で予約をすれば1名様分のコース料金が無料になるというサービスはとても人気があります。

ダイナースクラブブランドの代表カード

ダイナースクラブ概要
ダイナースブランドには即日発行対応カードがありません。ダイナースクラブカードは、ダイナース発行のプロパーカードです。最短3営業日での発行に対応しています。

非常に高いステータス性があり、欧米でも認知度が高いブランドです。実績を積むことでブラックカードの招待が届く可能性があります。意外と提携カードも充実しています。

海外の有名ブランド銀聯とDiscover

銀聯(ぎんれん)

ginren唯一の中国発祥の国際ブランドとなっています。中国国内では、VISAやMastercardブランドよりも加盟店舗数が多くなっているため、中国出張、留学、旅行に訪れる予定がある方は銀聯ブランドを持って行くことをおすすめします。日本では三井住友カードやMUFG等大手カード発行会社が銀聯のカードを発行しています。

銀聯ブランドの代表カード

ダイナースクラブ概要
銀聯ブランドには即日発行対応カードがありません。三井住友VISAカードやMUFGカードは追加カードで銀聯ブランドのカードを発行することが可能です。中国を訪れる際に持っておくと便利なカードです。

Discover(ディスカバー)

discoverディスカバーブランドは主にアメリカで認知されている国際ブランドです。銀行系クレジットカードとなっています。現在日本でディスカバーブランドのクレジットカードを作成することはできません。

プロパーカードと提携カードの違い

クレジットカードは、プロパーカードと提携カードに分類することができます。ステータス性を重視したい方はプロパーカードを、割引・優待、ポイント還元率や年会費等のスペックを重視したい方は提携カードを作成すると良いでしょう。二種類を組み合わせて所有するのがベストだと言えます。

当記事のまとめ

日本で発行することができる国際ブランドは7種類となります。VISA、MasterCard、JCB、American Express、ダイナースクラブ、銀聯となります。

VISA、MasterCardは万人受けするブランドです。日本国内のみならず世界中にある加盟店で利用することができます。JCBブランドは国内及び韓国など一部アジアで高いステータス性を持っています。

American Expressとダイナースクラブはワンランク上の国際ブランドです。ステータス性が高くなっています。比較的国内でも海外でも使用できるお店が多くなっています。

銀聯ブランドは中国で圧倒的な地位を築いている中国発祥の国際ブランドです。日本では単体で発行することはできず、一部カードの追加カードとして発行することができます。

様々なカードの特長を比較する

クレジットカードを比較
高ポイント還元率
海外旅行傷害保険
passport
年会費無料
実質年会費無料
ETCカードがお得
審査が甘い
shinsa
家族カードがお得
ゴールドカード
マイルカード特集

属性と地域でカードを選ぶ

クレジットカードの選び方
対象地域で選ぶ
area
あなたの属性で選ぶ

TOPページに戻る